ファーストムーバーアメリカ:6月の米国インフレデータを前に、ビットコインは動きのない状態が続く

米国では、6月のインフレデータを前に、ビットコインは動きのない状態が続いています

この記事は元々、CoinDeskのデイリーニュースレターであるFirst Moverに掲載されました。最新の仮想通貨市場の動きを背景に置いてお届けします。毎日メールで受け取るためには購読してください。

最新の価格

トップニュース

ビットコイン(BTC)は、6月の米国のインフレレポートを前に、わずかに1%近く上昇し、約30,700ドルで取引されています。 SEBA Bankによると、この仮想通貨の下方および上方の注目レベルは、29,500ドルと31,500ドルです。さらに、チームはビットコインの20日移動平均を、心理的に重要な30,000ドルに近いとして注目しています。「今日のデータを受けて、これらの注目レベルを突破する可能性があります」と銀行は朝のノートで述べています。経済学者は、6月の年々の消費者物価指数(CPI)の見出しは、5月の4.0%から3.1%に低下した可能性があり、コアフィギュアも5.3%から5%に減速したと予想しています。水曜日の早い時間帯には、アルトコインも一部上昇し、過去24時間でAAVEは約7%上昇し、ビットコインキャッシュ(BCH)は4.5%上昇しました。

Coinbase(COIN)の株式は、BZXエクスチェンジとの監視共有契約を維持することが明らかになった後、火曜日に最大16%上昇しました。最終的には、株式は10%近く上昇しました。修正された提出書類によると、これらの申請についての合意は6月21日に行われました。監視共有契約は、市場操作を防止するために必要なものとして、米国証券取引委員会(SEC)が長年にわたって述べてきたため、最近のすべてのETF申請の重要な要素となっています。

Cathie WoodのARK Investは、前述の監視共有契約に続いて、Coinbaseの株式を1200万ドル分売却しました。ただし、これらの売却はARKの全ファンドで保有している約1,100万株のほんの一部です。ARKのファンド管理会社にとって、COINは6.2%の保有率です。市場データによれば、各ファンドのCOINの推定平均費用は、アーク・フィンテック・イノベーションETF(ARKF)が239.60ドル、アーク・イノベーションETF(ARKK)が254.65ドル、アーク・ネクストジェネレーション・インターネットETF(ARKW)が242ドルです。ただし、COINの2023年のパフォーマンスは165%上昇していますが、昨日の終値89.15ドルはまだこれらの水準を大きく下回っています。

本日のチャート

  • このチャートは、過去12か月間の米国の消費者物価指数(CPI)の見出しのインフレ率が低下していることを示しています。
  • この低下は、先行指標であるZEWインフレ期待指数と一致しており、今後数か月のデフレを指しています。
  • 市場にとっての大きな問題は、連邦準備制度(Fed)が低下するインフレ指標に対応して積極的な姿勢を放棄するかどうかです。

– オムカール・ゴドボール

  • ビットコインの清算が4月以来の最低になり、先物トレーダーの関心が低下していることを示しています。
  • ルミス・ギリブランド暗号通貨法案の第2ラウンドがCFTCを重視し、DeFiを定義しています。
  • マイクロストラテジーは、価格の極端な修正時にビットコインを売却する必要があります:バーンスタイン

スティーブン・アルファー編集。