アドバイザー向けのトップ3仮想通貨の神話解決

神話解決:アドバイザー向けトップ3仮想通貨

予想通り、仮想通貨などの新しいデジタル資産への投資に対して人々は慎重です。これは以前は存在しなかった資産クラスです。ビットコインは10年以上前に始まり、良いこと、悪いこと、醜いことがたくさんありました。10万以上のトークンと仮想通貨プロジェクトが立ち上がり、多くは失敗し、投資家を騙すために最初から設計されたように見えました。

それでも、多くのプロジェクトが時間の試練に耐え、実世界の価値を構築しています。これらのプロジェクトの多くは、テクノロジーの基礎となるブロックチェーンに基づいて変革的であり、関連する仮想通貨の価値が急速に上昇してきました。

アドバイザーはどのようにしてこの資産クラスをナビゲートし、クライアントをサポートできるのでしょうか?フランクリン・テンプルトン・デジタル・アセットのクリストファー・ジェンセン氏が一般的な仮想通貨の神話を解き明かし、この領域での恐怖、不確実性、疑いに立ち向かうお手伝いをします。

S.M.

「Crypto for Advisors」をお読みいただいています。CoinDeskの週刊ニュースレターで、金融アドバイザーのためにデジタル資産を解説します。 毎週木曜日に配信されますので、ぜひこちらで購読してください。

神話の解体:仮想通貨について投資家がよく誤解している3つのこと

仮想通貨は既に10年以上の歴史がありますが、投資コミュニティにはまだほとんど理解されていません。この記事では、クライアントの機会とリスクを評価するために、仮想通貨にまつわる最大の神話のいくつかを解き明かします。

神話その1:仮想通貨は純粋に投機的なものである

多くの投資家は、チューリップやビーニーベビーと同様に仮想通貨を一緒くたにしており、それらにはほとんど固有の価値がないと考えています。また、リスキーで投機的で、お笑いのコンセプトしかバックアップされていない「ミームコイン」のバブルの見出しがあるため、なぜそう考えるのかは簡単に理解できます。

報道されていない側面は、実際のビジネス(プロトコル)によってバックアップされた数千の仮想通貨が存在するということです。プロトコルとは、データをコンピュータ間で共有し、特定のブロックチェーンや分散型アプリケーションがどのように動作するかを確立する基本的なルールのセットです。プロトコルには、そのブロックチェーン上でトランザクションを行うために使用される通貨の一種であるネイティブトークンが存在する場合があります。市場キャピタルが最も大きい2つのネイティブトークンとそのプロトコルは、BTC(Bitcoin)とETH(Ethereum)です。トークンは、ほとんどの仮想通貨投資家が保有しているものです。

プロトコルの評価は、株式や債券を通じて投資する企業の評価とそれほど異なりません。主な考慮事項には、プロトコルの目的、顧客と創造される価値、競争環境が含まれます。従来の投資から異なる点は、プロトコルの価値がトークンに流れる仕組みが常に存在しないことです。プロトコルとそのトークンの基本的な分析(トークノミクスとも呼ばれます)は、トークンがクライアントのポートフォリオに適した意義のある資本の増加ポテンシャルを持っているかどうかを判断するのに役立ちます。

神話その2:仮想通貨は主に不正行為の資金源として使われる

投資家は、伝統的で厳格な銀行業界に慣れています。銀行は本人確認書類を要求し、厳しい顧客確認(KYC)規制に従う必要があります。銀行はマネーロンダリング防止の規制に準拠する必要があり、政府の制裁措置により、不正行為があった場合には口座が凍結されたり差し押さえられたりする可能性があります。

対照的に、仮想通貨は匿名で取引され、ほぼ即座に行われ、中央機関によって制御されていません。これは理論上、不正な取引を可能にするための標的になります。ただし、ブロックチェーン上で行われるすべてのトランザクションは公開記録として保持されます。デジタル資産エコシステムの外でお金を使用するためには、犯罪者は中央集権型の仮想通貨取引所のような「法定通貨の出口」が必要です。現在存在する中央集権型取引所は非常に検閲可能であり、窃盗された仮想通貨を捕まることなく現金化することは非常に困難です。

データは、ほとんどの仮想通貨取引が不正行為には使用されていないことを裏付けています。Chainalysisによると、2022年のすべての仮想通貨取引量の不正シェアは0.24%であり、2019年のピーク時の1.90%から減少しています。仮想通貨市場の0.24%は、年間8000億ドルから2兆ドルと推定される世界的なマネーロンダリングの非常に小さな一部である208億ドルに相当します。

神話#3:暗号通貨は環境に悪い

特にビットコインは、これまでに「エネルギーの大食い」として描かれ、エネルギー消費に関連する厳しい批判を受けてきました。その認識されたエネルギー集約的性質のため、ESGを考慮する投資家の中には、デジタル資産への投資を完全に見逃す人もいます。しかし、最近の研究により、ビットコインのネットワークは、我々が当初考えていたよりもはるかにエネルギー消費が少ない可能性があり、結果として従来の通貨決済システムに対していくつかの効率性を持っていることが示されました。

ビットコインのネットワークは、動作するためにProof-of-Work(PoW)というメカニズムに依存しています。つまり、ネットワークがトランザクションを検証するために、ビットコインは一連の複雑な数学問題を解決するためにかなりのエネルギーを消費する必要があります。

ただし、最近の査読付きの出版物によると、ビットコインのネットワークは、紙幣や硬貨、ATMシステム内の現金管理、カード決済、売り上げ(POS)決済、銀行および銀行間のエネルギー消費などを考慮に入れた場合、伝統的な通貨決済よりも少なくとも28倍少ないエネルギーを消費すると推定されています。

さらに、イーサリアムのエネルギー使用量は、PoWメカニズムを持っていたときにビットコインとほぼ同じ水準でありましたが、2022年9月にエネルギー消費量の少ないProof-of-Stakeメカニズムに変更して以来、99%減少しました。

開示文書のリンク。

クリストファー・ジェンセン、リサーチ部門責任者、 フランクリン・テンプルトン・デジタル・アセット

アドバイザーに尋ねる:クライアントが暗号通貨に関連して持ち出す神話

暗号通貨は完全に匿名です – 暗号通貨は匿名ではありません。疑似匿名です。暗号通貨ウォレットが長いランダムな文字列であるため、どのウォレットが誰のものかを特定することは非常に困難です。しかし、ウォレットの所有者が公開されると(例えば、誰かから暗号通貨を受け取り、その人の公開アドレスが明らかになる場合)、そのウォレットの全履歴が公開されます。これは透明な公開台帳の両刃の剣です。

暗号通貨は違法活動にのみ使用されます – 暗号通貨は不正活動に使用されることがありますが、先に述べたように、ウォレットアドレスが公開情報となると、所有している暗号通貨の量、送信した量、受け取った量を隠す方法はありません。銀行を使わないからといって、当局から隠れることはありません。実際のところ、何かしらの問題を起こしていて、密かに行動したい場合は、依然として法定通貨が最適な取引方法です。

暗号通貨はすぐに裕福になることが保証されています – あなたが読んだ暗号通貨の億万長者に対して、すべてを失った数千人の人々がいます。暗号通貨では何も保証されていません。ただ勝者たちだけが最も大きな声を出しているのです。暗号通貨は、株式投資と同様に、プロジェクトの尽力と正確なデューデリジェンスを行い、事態の展開を待つ忍耐力を持つ人々にお金を稼ぐ機会を提供します。一夜にして億万長者になると思っているなら、がっかりするでしょう。

ブライアン・クルシェン、CEO、 DAIM

読み続ける

Anne Connellyは、透明性と寄付金の送金の容易さのために、慈善団体が暗号通貨の形で寄付を受けることの利点について執筆し、講演しています。

ウェリントン・マネジメントは、資産クラスとしての暗号通貨の投資事例を考察しています。

暗号通貨の不正なビジネスに対する影響:トルコの暗号通貨のボスに対して1,000年以上の刑が言い渡されました。

ブラッドリー・ケオンによる編集。