暗号通貨スタートアップのDeus X Capitalが始動し、資産と資本金を10億ドルと宣言しました

暗号通貨スタートアップのDeus X Capitalが10億ドルの資産と資本金を宣言しました

新しい暗号通貨ベースの投資会社、Deus X Capitalは、今日10月2日にローンチを発表しました。声明によると、同社は投資資産と資本を合わせて10億ドルもの価値を持ち、そのことはThe Blockの月曜日の記事で確認されました。

Galaxy DigitalのEMEA地域の責任者として9月まで務めていたTim GrantがDeus X CapitalのCEOとして就任します。Grantは、クリプトスペース内の私募エクイティ、ベンチャーキャピタル、ベンチャービルディング、およびファンド配分の機会に10億ドルを投資するために同社を率います。

一方、GrantがDeus Xにもたらす豊富な経験には注目する価値があるかもしれません。Mike NovogratzのGalaxy Digitalでの最後の職に就く前に、彼はSIX Digital ExchangeのCEOを務め、TradFiの巨大UBSでも働いていました。

また、2020年以来Red Acre Venturesの最高責任者であったStuart Connollyが加わります。Connollyは、本日の発表によれば、Deus Xの最高投資責任者として働きます。興味深いことに、Red Acreのすべての投資は現在、Deus Xブランドの傘下に存在しています。

Deus X Capitalがトップビジネスに投資

Deus Xは、この重大なローンチの波に乗って最善の状況を作ろうとするでしょう。この考えに沿って、Grantは、Deusの目標に既に合致しているグローバルのトップ暗号通貨ビジネスとのみ取引する予定だと述べています。彼は次のように述べています:

「私たちは、最も革新的なデジタルアセット、フィンテック、およびキャピタルマーケットのビジネスに投資し、育成することに取り組んでいます。」

現在、Deusの既存の投資には、完全所有するNetriosが含まれています。同社はまた、資産運用会社Hilbert Group(HILB)や暗号金融サービス企業Galaxyなどの上場企業にも出資しています。Cryptochill、SEBA、HAYVNなどのベンチャーキャピタルへの投資もあり、さらにいくつかのヘッジファンドへの配分もあります。

Deus X Capitalは、世界中に投資の足跡を築くことに関心を持っているようです。これが、現在同社がマルタ、ロンドン、さらにはUAEに存在している理由かもしれません。