暗号通貨はインターネットに匹敵し、50億人のユーザーに達することができるのか?

暗号通貨はインターネットのような広がりを持ち、50億人のユーザーに到達可能か?

今や、多くの人々がこのインターネットの普及と暗号通貨の普及を比較したグラフを見たことがあるでしょう。

(World Bank, Crypto.com)

暗号通貨は、デジタル資産の将来に対して驚異的な予測を可能にするほど、インターネットの1990年代の成長に似たペースで新しいユーザーを獲得しています。

インターネットは、1990年にはほぼユーザーがいなかった状態から、現在では50億人以上のユーザーを抱え、世界人口の62.5%をカバーしています。もし暗号通貨が同様の曲線をたどるなら、人口の増加がないと仮定すれば2047年頃に50億人のユーザーに達し、予測される人口増加を考慮すると60億人に達するでしょう。

あなたは Crypto Long & Short という週刊ニュースレターを読んでいます。このニュースレターでは、プロの投資家向けの洞察、ニュース、分析が提供されています。 こちらから登録 して、毎週水曜日に受け取ることができます。

しかし、あまり興奮しすぎる前に、私はそれはあまり楽観的すぎると主張します。

インターネットは比較対象として広すぎます。私たちの生活のあらゆることに使用されています。暗号通貨には多くのユースケースがあり、Web3には期待がありますが、一般の消費者にとっては、暗号通貨は投機的な投資または価値の転送手段です。

採用を分析するために、類似のユースケースから消費者の行動を底上げ的に考えることをおすすめします。

金融サービス技術の採用を考えてみましょう:

  • モバイルバンキング:これは1997年にテキストメッセージを介した銀行業務で導入され、2007年に最初のモバイルバンキングアプリが登場しました。2021年には、McKinseyの報告によれば、全ての銀行の顧客のうち、北米では52%、西欧では47%、中欧では45%がモバイルバンキングを利用しています。これは2023年のCornerstone Advisorsの報告によると、チェック口座の保有者のうち56%がモバイルバンキングを利用しているということです。なお、世界人口の76%しか銀行口座を持っていないことに注意が必要です。
  • 株式投資:Gallupの調査によれば、アメリカ人の61%が株式を所有しており、Pew Researchの報告によれば、アメリカ人のうち約35%が退職口座以外の株式を所有しています。そして、対面での接点が重要であり、Chaseは初めての投資家のうち85%が銀行の紹介でやってくると共有しています。

これらの数字は私たちに何を教えてくれるのでしょうか?

人々は何十年もかかって、私たち金融業界の多くが基本的な金融技術と考えるものを取り入れるのです。そして、暗号通貨は基本的ではありません。

デビューから26年後にもかかわらず、世界の半分以下がモバイルバンキングなどの簡単な技術を使用していること、さらにニューヨーク証券取引所が1792年に開設されたにもかかわらず、アメリカ人の約三分の一しか株式投資を行っていないことを見ると、暗号通貨の成長は早期導入者の範囲を超える可能性があることを疑問視する必要があります。

人口の増加にしても、2047年までに暗号通貨が50億人のユーザーに到達するのは困難かもしれません。より詳細な分析が必要ですが、伝統的な銀行システムのデジタル化が続く中、より保守的な推定値は20億〜30億人のユーザーの範囲であり、規制が邪魔にならない場合の話です。

覚えておいてください、暗号通貨は現在のやり方に打ち勝つ(または参加する)必要がありますが、現在のやり方はまだ進化途中であり、完全に普及していません。

編集:Nick Baker