日本の日経225は、世界経済の変動により、5日間連続で下落を続けています

'日本の日経225は、世界経済の変動により、5日連続で下落中です'

日本の日経平均株価は、月曜日に下落し、5回連続の下落を確定しました。この下落は今年の中で最も長い連続セッションであり、強い円にも関わらず先週ウォールストリートが不安定であったことから、一般的な経済の変動を示しています。

日経平均は朝に0.53%上昇し、不安定な取引セッションで午後に1%下落しました。225の銘柄で構成される日経平均は、最終的に32,189.73で終了し、0.61%下落しました。これらの銘柄のうち73が上昇し、150が下落しました。これらのうち2つだけが変動しなかった。

3月以来、日経平均は27%上昇し、先週高値を記録しました。しかし、先週木曜日には3ヶ月ぶりに25日移動平均を下回りました。野村証券のストラテジスト、沢田真希によれば、「日経平均が短期間で25日移動平均を回復できるかどうかは、市場の焦点となる」とのことです。

自動車メーカーの業績は低迷しており、日産は2.55%、ホンダは1.72%下落しました。最も大きな損失は、3.44%下落した安川電機でした。同社は予想を下回る業績を発表しました。

日経平均株価下落前の日本株市場の予測

5月、ゴールドマン・サックスのアナリストは、日本の株式市場について比較的楽観的な見方をしていました。企業のリストラの話が、アナリストたちが日本を投資家にとって魅力的な場所にする要素となることを期待しています。彼らによれば、構造改革が長期的なプレーヤーの間で投資への欲望を回復または少なくとも強化するならば、同国の株式市場への大きな流入が予想されます。当時、アナリストたちの楽観的な見通しは、当時提案されていた米国の債務上限引き上げの可能な連鎖効果を予測していることからも生まれた可能性があります。

ゴールドマン・サックスのアナリストは、トピックス指数が3%上昇し、2,200ポイントになると予測していました。興味深いことに、バンク・オブ・アメリカのストラテジストはより楽観的で、上昇を7%、2,300ポイントと評価しました。ストラテジストたちは、今年は相当数の自社株買いが行われることを期待しており、それが一般的に株式市場を刺激すると考えていました。現時点では、ゴールドマン・サックスのアナリストの見通しがより的中しているようで、トピックスは2,243.33で、0.51%下落しました。

世界各地での類似の下落

一般的に、世界各地の市場は世界経済の苦境に直面しています。水曜日には、ヨーロッパの市場が下落し、ストックス600、CAC 40指数、FTSE 100が類似の下落を記録しました。DAXは最も大きく0.53%下落しました。

同じ日に、アジア太平洋地域でも下落が記録され、上海総合指数、ハンセン指数、ハンセンテック指数が0.69%から1.6%の間で下落しました。米国では、ナスダック100、S&P 500、ダウ・ジョーンズ工業株価指数先物も下落しました。

現時点のマーケットウォッチのデータによれば、ナスダック総合指数は前日比0.13%減の13,660.72になりました。S&P 500指数も前日比0.29%減の4,398.95になりました。