「SECの最新発表が仮想通貨業界に与える影響とは」

影響:SECの最新発表と仮想通貨業界

米国証券取引委員会(SEC)の最近の発表によれば、暗号通貨業界は、委員会の取締行動がもたらす広範な影響に耐えながら、さらなる苦境に立たされる可能性があると示唆されています。

暗号通貨にさらなる苦境が迫る?

Securities Enforcement Forum Central 2023において、デビッド・ハーシュ氏は、自身のオフィスが法を犯していた他の暗号通貨企業に対して行動を起こす予定であると述べました。ハーシュ氏は、暗号通貨の取締を担当する機関(暗号資産およびサイバーユニット)の責任者であり、世界最大の暗号通貨取引所であるバイナンスとコインベース、およびリップルに対する訴訟を含む取り締まりを担当しています。

これらの行動は既にこれらの企業にネガティブな影響を及ぼしており、それに伴い暗号通貨業界にも影響を与えています。そのため、さらなる取締行動は暗号通貨市場の雰囲気を一層悪化させる可能性があります。たとえば、バイナンスの米国拠点であるBinance USは、規制当局の監視に直面して以来、取引量が大幅に減少しています。

6月、SECはBinance USをさまざまな違反行為(プラットフォーム上での取引コントロールや監督の誤表示など)で訴えました。これにより、同社は100以上のトークンペアの取引を一時停止せざるを得ず、取引活動と投資家の信頼が大幅に減少しました。

また、SECに対する大勝利を収めたにもかかわらず、リップルのXRPは判決によって得たほとんどの利益を失っています。XRPの価格は全体的に低迷しており、その理由の一つにはSECのリップルに対する規制姿勢が潜在投資家の心に疑念を抱かせたことが考えられます。特にSECがアナリサ・トーレス判事の判決を争っていることも影響しています。

SECが業界の企業に対して継続的に取り締まりを行っていることは、業界外部者が業界の関係者との関わり方に影響を与えていることが明らかです。リップルのCTOであるデビッド・シュワルツ氏も最近、SECの訴訟によって同社がステーブルコイン発行業者との取引契約を失ったことを明らかにしました。

一方、業界の他の人々は市場から退場したり、一部の事業を閉鎖することを余儀なくされるかもしれません。例えば、仮想通貨取引所Bittrexは今年初めに米国での事業を閉鎖せざるを得なくなりました。

DeFiもSECの取締対象外ではない

これまでのところ、SECは主に中央集権的な暗号プロジェクトを標的としてきたことが知られています。しかし、ハーシュ氏は、分散型金融(DeFi)プロジェクト、特に分散型取引所(DEX)を指す可能性があるとしながらも、彼の部門の取り締まり対象からは除外されないと述べました。「DeFiのラベル」が彼らの調査や業務に影響を与えることはないとのことです。

ただし、彼は、既に数多くの訴訟で負担がかかっているため、すべてのプロジェクトに対して取り締まりを行うだけのリソースを持っていないかもしれないと認めました。これは、XRP支持派の法的専門家であるフレッド・リスポリ氏の意見と一致しており、追加の訴訟を処理するための人員が不足しているため、委員会が追加の法的戦いを避けようとしている可能性があるというものです。

合計時価総額は1.039兆ドル | 出典: Tradingview.comの暗号通貨全体の時価総額