報告書:利益の減少により、バイナンス暗号通貨取引所は従業員の福利厚生を縮小せざるを得ない状況に-熊市が戻ってきたのか?

報告書:バイナンス取引所は利益減少により従業員福利厚生を縮小せざるを得ない状況に

出典:Adobe / prima91

世界最大の暗号通貨取引所であるバイナンスは、昨年「戦時財産」を用意したと豪語した後、利益の減少に伴いますます倹約に努めています。

先週、ウォールストリートジャーナル(WSJ)の報道によると、同社は最近、コスト削減策として1000人の従業員を解雇したとされています。月曜日には、バイナンスの内部メッセンジャーと元社員が同メディアに対して、現在の従業員も携帯電話費用の補償、フィットネス費用の補償、在宅勤務費用などの様々な福利厚生を剥奪されていると述べました。

内部メッセンジャーは、さらなる節約策が進む可能性もあると主張しています。「現在の市場環境と利益の減少につながってしまった規制環境を考慮し、支出についてはより慎重にする必要があります」とメッセージに記されています。

バイナンスの問題は、今年になってアメリカの主要な市場規制機関からの二重の訴訟に続いています。3月には商品先物取引委員会(CFTC)から、先月には証券取引委員会(SEC)から訴訟が提起されています。

これらの訴訟は、同取引所が登録の失敗、証券/商品取引の違反、顧客資金の扱いの誤り、および米国子会社であるBinance.USとの不適切な関係を指摘しています。また、CEOのチャンペン・ジャオ(CZ)に対する司法省の調査が近々行われるとの噂も広まっています。

しかし、ジャオによれば、バイナンスはメディアが主張するほど困難な状況にはないとのことです。ヘッドカウントが減少したことは認めつつも、WSJが報じた1000人の解雇数は「かなり誤った数字」として否定し、同社は単に役割と「才能密度」を再評価していると主張しました。

ジャオは金曜日に従業員に対して楽観的なメッセージを再度述べ、バイナンスは依然として採用を行っており、利益を上げ、SECの訴訟に影響を受けていないと述べました。ただし、今後3〜6か月でさらなる解雇が行われる可能性があり、福利厚生がいつ復活するかはわかりません。

同社の広報担当者は、「ユーザーや規制当局の変化する要求を反映するために、特定の製品、事業部門、スタッフの福利厚生、およびポリシーを検討しています」と述べました。

ジャオは、過去1か月間にわたり多くの企業幹部が次々と辞任した後も、バイナンス内部に問題があるわけではないと否定しました。これには法務担当のハン・ン、コンプライアンス担当のスティーブン・クリスティ、およびチーフストラテジーオフィサーのパトリック・ヒルマンが含まれます。

ヒルマンも、自身の退職がバイナンス内部の対立に関連しているわけではないと否定しました。