元FTXのCOOであるコンスタンス・ワンが暗号通貨ファンド「Sino Global」に参加する

元FTXのCOOであるコンスタンス・ワンが「Sino Global」という暗号通貨ファンドに参加する

サム・バンクマン・フリード氏の資金調達活動における「右腕」と形容されるコンスタンス・ワンさんが、暗号通貨ファンドのSino Global Capitalのゲーム部門の責任者として入社しました。この報道は、同ファンドの創設者兼CEOであるマシュー・グラハム氏によって確認されました(ブルームバーグの報道)。

ワンさんは2019年にFTXに入社し、それ以前はクレディ・スイスでアナリストとして働いた後、2015年にシンガポール国立大学を卒業後、火師でビジネス開発リードとしても活動していました。報道によると、彼女はバンクマン・フリード氏のバハマの高級ペントハウスに住んでおり、そこでは住人たちがロマンチックな関係にあったと報じられています。

グラハム氏もまた、バンクマン・フリード氏の元親友であり、Sino Globalは単なる資本投資以上のFTXとの深い関係がありました。

ワンさんはバンクマン・フリード氏の暗号通貨帝国の運営に協力し、FTXの債権者から召喚状を受けていますが、FTXやアラメダの崩壊に関連していかなる不正行為も疑われたり、訴訟に名前が挙がったりしていません。

詳細はこちら:バンクマン・フリード氏のバハマのルームメイトたちは彼の暗号通貨帝国を運営し、デートもしていた。他の従業員たちはたくさんの疑問を抱えている

編集:パリクシット・ミシュラ