「元FCA議長が、米国の調査に直面している暗号通貨企業の承認をするように圧力を受けたことを明らかにする」

元FCA議長が、米国の調査に直面している暗号通貨企業に承認をするよう圧力を受けたことを明らかにする

出典:AdobeStock / Ascannio

イギリスの金融監視機関は、イギリス市場に仮想通貨企業を受け入れることを強制されたと、元金融行動監視機構(FCA)の議長であるチャールズ・ランデル氏が述べました。

ランデル氏は、イングランド銀行の監督規制機関が主催した会議で、FCAが「政治的な圧力」にさらされ、仮想通貨企業を承認するようになったと述べ、選出された公職者が独立した規制機関に与える影響を強調しました。

彼は、「仮想通貨の文脈では、私がFCAの議長を務めた経験上、米国司法省によって現在刑事捜査を受けている企業を歓迎するための政治的な圧力が非常に強かったです。しかし、FCAが持っていたすべての証拠では、それはあまり良い考えではなかったということが分かりました」と述べました。

FCAのCEOであるニキル・ラティ氏も同様の見解を述べ、昨年11月の貴族院の委員会で、Binanceを制限し、その監督について警告することについていくつかの批判に直面したと述べました。

それは、FCAがBinanceに制限を課し、予め書面での承認なしにイギリスで規制された活動に従事することを防止した後のことでした。

ランデル氏は、政治的な圧力は規制機関が直面するより広範なガバナンスの課題を示していると述べました。

「業界または選択された業界の利益、または政治的な利益による機関の捕捉からの保護策をどのように埋め込むのか?」

ランデル氏のFCA議長としての任期は2018年4月から2022年5月までであり、彼は現在イギリスで仮想通貨サービスを提供することが承認された43の企業のうちいくつかを監督していた可能性があります。これにはBitpanda、Gemini、Revolut、eToroなどが含まれます。

監視下の仮想通貨企業

ランデル氏のコメントは、多くの仮想通貨企業が米国や他の地域で規制の圧力に直面している中で行われました。

Binanceとその共同創設者であるチャンペン・ジャオ氏は、米国証券取引委員会(SEC)から、米国連邦証券法を回避するための計画を実行しているという告発を受けました。

別のケースでは、FTXの創設者であるサム・バンクマン・フリード氏は、詐欺、マネーロンダリング共謀、米国への詐欺および選挙資金法違反の罪で告発されています。

米国の検察当局は、彼がAlameda Researchヘッジファンドの損失を補うためにFTXの顧客資金数十億ドルを横領したと主張しています。バンクマン・フリード氏はこれらの容疑に対して無罪を主張しています。

一方、イギリスではデジタル資産セクターの規制強化が進んでいます。

6月には、国がBrexit後の幅広い金融規制改革の一環として、暗号通貨とステーブルコインを規制する法律を可決しました。

この新法は「金融サービスおよび市場法案」と呼ばれ、規制機関にデジタル資産セクターのための特別な枠組みを確立する権限を与え、仮想通貨の「安全な採用をイギリスで」支援しています。

この法律はまた、イングランド銀行に対してシステム的なステーブルコインの制度を確立する権限も与えました。

さらに、イギリス中央銀行は先月、システム的なステーブルコインに関する協同監督の取り決めに同意したコンサルテーションの回答を公表しました。