「偽の仮想通貨マイナーIcomTechの元CEOがポンジスキームのワイヤー詐欺で有罪を認める」

元CEOがポンジスキームのワイヤー詐欺で有罪を認める

マルコ・ルイス・オチョアは、IcomTech社が行ったポンジ・スキームに関連して、ニューヨーク南地区裁判所で2023年9月27日にワイヤー詐欺の共謀罪の一つに有罪を認めました。オチョアは、2018年から2019年までIcomTechのCEOでした。

米国司法省の声明によると、IcomTechは同社が提供する投資商品に対して投資家に日々の収益を約束し、仮想通貨のマイニングおよび取引会社であると主張していました。プロモーターは顧客を引き付けるために世界中で「豪華な展示会」やその他のコミュニティイベントを開催しました。また、同社は独自のトークンである「Icom」と呼ばれるトークンを発行しました。

関連記事:ポンジスキームとピラミッドスキーム:違いは何ですか?

しかし、同社は仮想通貨をマイニングしておらず、投資家は口座に蓄積されている利益を引き出すことができませんでした。同社は2019年末に破綻しました。Ochoa氏と他のIcomTechの幹部に対しては11月に起訴されました。オチョアは最高20年の懲役刑を受ける可能性があります。米国検事のダミアン・ウィリアムズは次のように述べています:

「今日の有罪認否は、仮想通貨を悪用して詐欺を行いようとするすべての人々に対して、私たちが追い詰めていることを明確に伝えるものです。」

オチョアの有罪認否は、別のニューヨーク南地区裁判所の別の判事によって、AirBit Clubのポンジ共同設立者であるパブロ・ロドリゲスが12年の懲役刑を受けた翌日に行われました。

仮想通貨ポンジ・スキーム「IcomTech」のCEOが有罪を認めるhttps://t.co/ov6BMTZ11K

— US Attorney SDNY (@SDNYnews) 2023年9月27日

また、2023年9月27日、商品先物取引委員会(CFTC)は、Mosaic Exchange LimitedおよびそのCEOであるショーン・マイケルに対して告訴を発表しました。Mosaic Exchangeは、投資家に代わって「仮想通貨の先物、スワップ、およびレバレッジスポット取引」を行うことを誘いました。CFTC委員のクリスティン・ジョンソンは、告訴に関する声明で次のように述べています:

「Mosaicは、CFTCが以前にFCM(先物取引業者)、SEF(スワップ執行施設)またはDCM(指定契約市場)として登録せず、マネーロンダリング対策および顧客確認手続きを実施しなかったとして告訴したBitMEXおよびBinanceの2つの取引所でデジタル資産デリバティブを取引することができました。」

「既存の権限に基づき、CFTCはこれらの新しい市場構造に存在するかもしれない空白を埋めるための規制を導入すべきです」と彼女は続けました。

記事:預金リスク:暗号通貨取引所は実際にどのようにお金を使っているのですか?