仮想通貨の規制には歯が必要:元SEC役員がDOJの関与を促す

仮想通貨規制には歯が必要:元SEC役員がDOJの関与を促す

ティンジー法律事務所のUnsplashでのLady Justiceの背景写真

アメリカ合衆国における暗号通貨規制の問題が、土曜日に元SEC職員であるジョン・リード・スターク氏の批判的な発言により一層激化しています。

スターク氏は、SECの現在の執行能力が暗号通貨業界を抑制するには不十分であり、司法省(DOJ)がより積極的な役割を果たすことを求めました。スターク氏は、SECによる執行措置が暗号通貨企業にとって単なる事業費として軽視されることが多いとツイッター(現在のX)上で懸念を表明しました。

SECの制約とDOJの緊急行動の必要性

スターク氏は、SECの執行部門で約20年間勤務し、そのうち11年間をSECのインターネット取引執行部門の責任者として務めた経験を持つ人物で、SECの制約について言及しました。

スターク氏によれば、SECは民事執行しか行うことができず、違反に対して刑務所に収監することはできないため、DOJの関与が重要であると述べました。

スターク氏は、SECから約200件の執行措置があるにもかかわらず、DOJによる暗号通貨関連の刑事訴追が驚くほど少ないと指摘しました。彼は、これにより、アメリカの暗号通貨企業がSECの告発を真剣に受け止めない状況が生まれると主張しています。

アメリカにおける暗号通貨:執行逃れとリスクの無視

暗号通貨業界での執行、または不十分な執行に対する懸念を持つのはスターク氏だけではありません。暗号通貨取引所Geminiの共同創設者であるタイラー・ウィンクルヴォス氏は、SECの告発を「とても弱い」と一蹴し、CoinbaseやBinanceなどの主要な取引所も公にSECの告発を軽視しています。

スターク氏は、こうした態度がアメリカの暗号通貨業界全体の傾向を反映しており、企業がSECの執行リスクをバランスシート上のもう一つの項目として扱い続けていると指摘しました。

スターク氏の批判は、より厳しい暗号通貨規制の必要性に関する議論が活発化している時期に行われました。この元SEC職員は、実際にDOJの対応の脅威がある限り、つまり刑務所に収監される可能性があるということを指して、暗号通貨企業は無謀な運営を続けるだろうと主張しています。

スターク氏は、自身のソーシャルメディアの投稿でDOJに直接訴えて、「目を覚ませアメリカのDOJ、お前が必要だ」と述べました。

この行動への呼びかけは、アメリカにおける暗号通貨規制と執行に関する現在の議論にさらなるレイヤーを加えます。DOJがこの呼びかけにどのように、いつ、または果たして応えるのかはまだ不明ですが、スターク氏のコメントは、SECとDOJの両方を巻き込むよりバランスの取れた規制の必要性を浮き彫りにします。