今日の仮想通貨ニュース:GnosisがPayおよびCard製品を発売、cLabsがEthereum上に構築されたLayer 2へのCeloの移行を提案、Unstoppable DomainsがENSベースの.ethドメインを追加しました

今日の仮想通貨ニュース:GnosisがPayおよびCard製品を発売、cLabsがEthereum上に構築されたLayer 2へのCeloの移行を提案、Unstoppable Domainsが.ETHドメインを追加

出典: gnosispay.com

今日の暗号資産およびブロックチェーン関連ニュースの要約をご紹介します。本日の暗号ニュースでは、注目されていないストーリーについて調査しています。__________

支払いニュース

  • Gnosisは、Ethereumのサイドチェーンとして、「世界初の分散型支払いネットワークおよび自己保管型デビットカード」と説明されるGnosis PayおよびGnosis Cardをリリースすることを発表しました。Gnosis Payを使用すると、ユーザーはVisaが受け入れられている場所でデジタル資産を直接使うことができます。Gnosis Payは、Visaデビットの機能とSafeのスマートウォレット技術を組み合わせています。Gnosis Cardは、従来の銀行口座ではなく、Gnosis Payの分散型支払いネットワークに基づいてオンチェーンウォレットと直接リンクしています。

ブロックチェーンニュース

  • cLabsは、Celoブロックチェーンのコア開発者として、ネットワークをLayer 1からLayer 2に移行することを提案しました。チームは、これによってWeb3の精神に基づいてオープンに構築することが可能になると述べており、アップグレードによってCeloの範囲と影響力が向上する可能性があるとしています。また、CeloはEthereumのセキュリティを継承するため、セキュリティが向上するとも述べています。アナウンスメントによると、「CeloはEigenLayerを介してEthereumノードオペレーターが一部実行するようになることで、リステーキングのユースケースを持つ最初の主要プロジェクトになるでしょう。」チームはまた、トランジションを容易にするためにOptimismが提供するOP Stackというツールを使用したいと考えています。
  • Mantle Networkは、モジュラーなEthereumレイヤー2(L2)ブロックチェーンをEthCCで発表しました。プレスリリースによれば、Mantle Network Mainnet Alphaは、「6か月以上の開発作業の集大成であり、ネットワークでは1400万以上のオンチェーントランザクションが処理され、14万以上のスマートコントラクトが展開され、4万8000人以上の開発者が参加し、69万以上のユニークなウォレットアドレスに接続し、月間アクティブウォレットアドレスが15万7000人以上を維持しています。」テストネットフェーズは、潜在的なリスクと脆弱性を除去するのに役立つ複数のセキュリティ監査の後、終了しました。

DeFiニュース

  • ドメインおよびデジタルアイデンティティプラットフォームのUnstoppable Domainsは、UnstoppableのウェブサイトにEthereum Name Service(ENS)ベースの.ethドメインを追加することを発表しました。これにより、すべての主要なネーミングシステムとブロックチェーンをサポートする「最初のワンストップショップ」になる予定です。プレスリリースによると、このローンチにより、誰でもUnstoppableを通じてネイティブな.ethドメインを購入することができるようになります。Unstoppableに.ethドメインを追加することで、ユーザーは.eth、.nft、.crypto、および.polygonドメインを1つの場所で購入できるようになります。Unstoppableから購入されたすべての.ethドメインは、他の.ethドメインと同様の完全な機能を持つENSスマートコントラクトによって登録されます。Unstoppableは、今後数か月以内に、Unstoppableのエクスペリエンス内で.ethドメインを管理する機能、暗号アドレスの設定、オンチェーンのプロファイルデータの管理、.ethドメインの転送などの機能を導入する予定です。

投資ニュース

  • 非営利の科学技術団体であり、Internet Computerブロックチェーン(ICP)への貢献者であるDFINITY Foundationは、ICP上でAIを活用するプロジェクトを支援するための500万ドルの分散型人工知能(DeAI)グラントの開始を発表しました。チームは、Internet Computerが分散化された許可なしネットワークで高度なAIモデルを実行する最初のブロックチェーンになると述べており、さらに「後には、ニューラルネットワークを決定論的に実行することを可能にする仕事を活用した『AIスマートコントラクト』をリリースします。」と述べています。このブロックチェーン上の多くのプロジェクトは既にAIに依存していますが、ネイティブのWeb3 AIが利用可能になると、より重度の使用が予想されます。
  • ConsenSysは、MetaMaskウォレットのEthereum開発元で、夏に投資家との会談を行い、資金調達の可能性について話し合いました。The Blockによると、数週間前に複数の投資家との資金調達について会談したと報じられています。ただし、同社は現在積極的に資金調達を行っていないと主張しています。広報担当者は、「当社の株式の二次市場での活動に関する不正確な報道によって、多くの投資家からの大量の問い合わせがあった」と述べ、当社は資金を必要としておらず、「公式なプロセスには積極的に関与していない」と付け加えました。

セキュリティニュース

  • トレーディングペディアによる分析によると、2023年上半期と2022年上半期を比較すると、異なる種類の暗号犯罪の成功率は非常に異なっています。この分析はChainalysisのデータに基づいています。今年上半期の詐欺を通じて盗まれた暗号通貨の金額は、2022年上半期の43.2億ドルから32.4億ドル減少し、USD換算で77%減少しました。8つの犯罪カテゴリのうち、ランサムウェアだけが絶対的な金額としてより多くの流入を見ています。2023年1月から6月末までの間に、449.1百万ドルが被害者から強要されました。チームは「これは警戒すべきシグナルであり、この金額はすでに2022年全体でのランサムウェアを通じて盗まれた総額の90%に相当する約5億ドルに達しています」と述べています。