なぜ今日ビットコイン価格が上昇しているのか?

'今日のビットコイン価格上昇の理由は何ですか?'

ビットコイン価格は昨日、年間最高値の31,840ドルを記録し、市場参加者はこの上昇の要因について疑問を抱いています。

経済指標の力

ビットコインの上昇トレンドに貢献した重要な要素の一つは、アメリカの生産者物価指数(PPI)データの発表です。最新の数字では、6月のPPI年間比率が0.1%に低下し、期待を上回り、2020年8月以来の最小ペースとなりました。特に、コアPPIの年間比率は2.4%と予想の2.6%にやや劣り、インフレ環境の縮小を裏付けています。

PPIの低下は消費者物価指数(CPI)にとって良い兆候と見なされ、より安定した経済環境に期待が持たれています。マクロリサーチャーのモルテンセン・バッハ氏は、PPIの影響の重要性を強調し、「PPIは常にCPIを先導します。インフレはもはや存在せず、原材料価格は明らかにそれを示しています!今後の主要なリスクはデフレです。これが過去のデータに盲目的に焦点を当てている連邦準備制度があると起こることです!」と述べました。

PPI always leads CPI | Source: Twitter @MortensenBach

これに呼応して、マクロアナリストのテッド氏は「PPIのインフレは数ヶ月先行する… そして、今日のPPIの数字は年間比率+0.24%であり、ほぼデフレに近いです!連邦準備制度の方向転換はありますか?」と述べました。

また、注意すべき点として、5月のPPIインフレは1.1%から0.9%に下方修正されました。5月のコアPPIインフレも2.8%から2.6%に下方修正されました。コアPPIの低下と修正は、アメリカ連邦準備制度が望んでいることです。

DXYとの逆相関

ビットコインの急騰を推進しているもう一つの重要な要素は、米ドルインデックス(DXY)が100.00を下回り、15か月ぶりの水準となったことです。この動きは、ビットコインなどのリスク資産への避難先としての関心を再燃させました。

DXY drops below 100 | Source: DXY on TradingView.com

DXYとビットコインの逆相関は、歴史的に仮想通貨の価格変動に重要な役割を果たしており、DXYの最近の下落はさらなる上昇要因となっています。

リップルの部分的な勝利

リップルラボとアメリカ証券取引委員会(SEC)の間で続く法的争いは、ビットコインの価格にさらなる刺激を与えた可能性があります。リップルがこの件で一部勝利を収めたことは、仮想通貨コミュニティに楽観主義を生み出し、SECとの自身の法的紛争に巻き込まれているCoinbaseにとっても総じてポジティブな出来事と言えます。

興味深いことに、Coinbaseは現在SECに提出されている全ての米国ビットコイン現物取引所上場投資信託(ETF)の取引所パートナーとしての役割を果たしています。最近、議長のゲーリー・ゲンスラー氏がCoinbaseのETF申請への関与についての発言により、取引所の市場監視共有パートナーとしての適格性について懸念が高まっています。

BloombergのシニアETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏は、これに対して懸念を表明し、「これが彼にとって問題であるなら、SSAは無意味かもしれません。」と述べました。この観点から、リップルの勝利は、CoinbaseのSECとの紛争における判決によってビットコイン現物ETFの承認への非常にポジティブなニュースとも捉えることができます。

現時点では、BTC価格は31,250ドルまで下落し、過去24時間で2.6%上昇しています。

Bitcoin price, 4-hour chart | Source: BTCUSD on TradingView.com