主要な仮想通貨取引所がトークンを採用し、XRPの取引量が1,351%急増

主要な仮想通貨取引所がトークンを採用し、XRPの取引量が急増しました

過去24時間におけるXRPの取引は、一部の好意的な裁判の判断により、価格の急騰とトークンの取引を受け入れた主要な仮想通貨取引所によって推進されました。

暗号解析企業CCDataのリサーチリーダーであるJosh de Vosは、中央集権型取引所でのXRPペアの取引量が木曜日に前日比で驚異的な1351%増加したと述べています。XRPの価格は木曜日の一時的な段階でほぼ100%急騰しました。最近のXRPの取引価格は73セントで、1週間前からは51%上昇しています。

CoinGeckoによると、過去24時間の間におけるトークンの取引量は約120億ドルに達し、今月初めの10億ドル以下の24時間の取引量と比較して大きく増加しました。

米国証券取引委員会(SEC)とRipple Labsの訴訟に関する米国の裁判所の長期にわたる予想された判決が木曜日に下された後、Coinbase、Krakenなどの取引所がトークンの取引を再開するか再上場する計画を発表したことにより、取引フィーバーが発生しました。

続きを読む: Ripple、XRPに関するSECとの法廷闘争で一部の勝利を収める

判事は、取引所やアルゴリズムを通じたXRPトークンの販売が投資契約を構成しないと述べ、取引所がユーザーがトークンを使用して取引するリスクを回避することができるとしました。

「CoinbaseのXRPコインの配布は二次的なものであり、判決からの明確性により、規制当局からの報復の恐れは完全に払拭されました」と、グローバルペイメントプラットフォームMercuryoの共同設立者兼COOであるGreg Waismanはメールで述べています。

判決後すぐにKrakenとBitstampはXRPを再上場しました。CoinbaseとGeminiはトークンの取引を再開する予定だと述べました。苦境に立たされた取引所のBinance.USは金曜日にXRPの取引を開始しました。

人気のあるXRPトレーダー向けの韓国の取引所UpBitは、トークンとの取引量が25億ドルに達しました。

James Rubinによる編集。