中国銀行は、SIMカードを介してデジタル元のオフライン決済を試験運用しています

中国銀行は、SIMカードを使ったデジタル元のオフライン決済を試験運用しています

中国の最大の国有銀行の一つである中国銀行は、SIMカードに接続する革新的なオフライン決済システムの試験を現在行っています。この決済方法は、中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル元に特化して設計されています。

7月10日の発表によれば、中国電信と中国ユニコムとの提携、および翌日からのテスト開始の意向が明らかにされました。

中国銀行は、デジタル元アプリを特殊な「スーパーSIMカード」と近距離無線通信機能を統合することで、ユーザーが電話で支払いを行えるようにする予定です。ユーザーは単に携帯電話を販売端末に近づけるだけで支払いができ、電話をオンにする必要はありません。

中国銀行のソーシャルメディア発表のスクリーンショット。出典:WeChat

この統合により、電話の電源が切れていてもトランザクションを処理することができます。ただし、このSIMカード決済機能は、中国の一部のテスト地域で特定のAndroid携帯電話のみで利用可能となる予定です。中国の中央銀行である中国人民銀行は、2022年1月にデジタル元アプリの試験版をリリースしました。

これは、中国の「一帯一路」イニシアチブや国境を越えた取引の一環として、CBDCの使用事例を拡大するための中国の最近の取り組みに続いています。中国の広州市では、10の公共交通路線でデジタル元で公共バスの乗車料金を支払うことができます。乗客は単にデジタル元アプリをダウンロードし、資金を預けてバスの支払いセクションのQRコードをスキャンするだけで乗車料金を支払うことができます。

関連記事: 中国のジナン市がバスの乗車料金にCBDCを受け入れる

一方、香港は2021年10月に小売CBDCの可能性について発表した後、2022年5月にe-HKDのパイロットプログラムを開始しました。香港の準中央銀行である香港金融管理局(HKMA)は、2022年9月の協議書で、デジタル元とe-HKDを結ぶ国境を越えた支払いの可能性を探ると述べています。

この記事をNFTとして収集し、暗号空間での独立したジャーナリズムをサポートするための歴史的な瞬間を保存しましょう。

マガジン:アジアエクスプレス:リップル、ビザがHK CBDCパイロットに参加、火師の告発、GameFiトークンが300%上昇