中国銀行がSIMカードのNFC決済を発表した後、Conflux (CFX)が急騰しています

中国銀行のNFC決済発表後、Conflux (CFX)急騰中

  • 現在、Conflux(CFX)トークンは0.1981ドルで取引され、過去24時間で10%上昇しています。
  • Conflux Networkは2023年5月に中国電信と提携し、ブロックチェーンを活用したSIMカード(BSIM)の開発を行いました。
  • 中国銀行はデジタル元を利用したSIMカード連携決済のテストを開始する予定です。

中国銀行は7月10日に発表し、7月11日にデジタル元を利用したSIMカード連携決済のテストを開始することを宣言しました。この発表により、Conflux(CFX)の価格が上昇しました。なぜなら、Conflux Networkは中国電信と提携し、ブロックチェーンを活用したSIMカード(BSIM)の開発を行っているからです。2023年5月、両社は上海の徐匯区西岸人工知能中心で共同開発したBSIMカードを発表しました。

中国銀行は声明の中で、このプログラムを中国電信と中国ユニコムとの協力のもと実施していると述べています。近距離無線通信プロトコル(NFC)と「スーパーSIMカード」技術の助けを借りて、このプロジェクトは決済を可能にすることを目指しています。

ユーザーは、自分の携帯電話で指定された決済端末に接触することでデジタル元の決済を行うことができます。

Confluxコミュニティの興奮

CFXコミュニティは、Conflux Networkが新しいSIMカード電子人民元決済システムに大きな影響を与えると信じています。この熱狂は価格の上昇につながり、今朝10%上昇して0.2046ドルに達しました。

発表前、CFXトークンは7日間の価格下落を経験し、0.197ドルから0.175ドルに下落していました。