中国は、政府の管理を維持するために、生成型AIコンテンツに対してより厳しい規制を施行する予定です

中国政府は、生成型AIコンテンツへの厳しい規制を行う予定です

中国は現在、生成型人工知能(AI)ツールの作成と適用を監督するための厳格な規制を検討しています。北京政府はAI全般を支持していますが、当局は生成されたコンテンツに対して一定の制御を維持することを確保しようとしていると報じられています。

中国のサイバースペース管理局は、生成型AIを公開するすべての企業が取得する必要のあるライセンスを作成する意向です。政府関係者は既にこれらの規制に取り組んでおり、7月末までに草案が公開されることを期待しています。

フィナンシャル・タイムズによると、北京のAI生成情報を制御する唯一の方法は、このライセンスを公開する前に求めることです。ただし、この規制は企業を窒息させず、最終的に中国を他の国に取り残させないよう注意深く開発される必要があります。

中国は4月に新しいAI規制を提案

中国国家互聯網信息辦公室(CAC)は4月、AIモデルの指針を発表しました。監視機関によると、中国のAI企業は公開前にすべての開発ツールと製品をセキュリティレビューに提出する必要があります。公開後は、AI企業はすべてのユーザーを確認し、使用状況を追跡する必要があります。

CACは、すべてのAI生成コンテンツが社会主義の価値観を支持し、権力の転覆、扇動、または社会主義のイデオロギーの非難を含まないようにすることを明確にしました。さらに、規則は生成型AIの提供業者が他者の権利、評判、またはイメージを損なわないように技術を慎重に適用することを奨励しています。また、提供業者はこれらの規則に違反するユーザーのアクセスを一時的または永久に停止できる必要があります。さらに、ユーザーはAI生成コンテンツが草案の規則にどのように違反しているかをCACに報告することができます。

他の国のAI規制

中国は、他の国のAIの進展と競争力を保ちつつ、新しい規制がAIエコシステムに適用されることを確保しようとしています。世界中の国々も、産業の成長を抑制しないように、生成型AIコンテンツをガイドする規制を作成しようとしています。

アメリカ合衆国では、AI規制の開発に時間がかかっているようです。4月には、商務省の一部である国立通信情報管理局(NTIA)が、AIツールが広告通りに機能することを確保するための報告書を作成すると発表しました。その報告書には、技術の不適切な使用や有害な使用を防ぐための措置が含まれます。

昨年6月、カナダ議会はAI開発を規制するための法案の草案を作成しました。人工知能とデータ法(AIDA)は、AIツールの安全な設計と展開を実現し、潜在的な有害な副作用を緩和するための基準を定めています。

一方、欧州連合の議会は国内で人工知能を規制する法案を可決しました。620票中499票が賛成したことで、EUはAIの開発と展開が責任を持って適切に規制されることを保証しています。