報告書:中国、生成型AIツールの公開に関する規制を強化へ

中国は、生成型AIツールの公開に関する規制を強化する予定です

中国政府は、人工知能(AI)の開発に関する追加の規制を検討しており、コンテンツの管理とライセンスに重点を置いています。

中国国家互聯網信息辦公室(CAC)によると、地元企業が生成型AIシステムをリリースする前にライセンスを取得するシステムを導入することを求めています。

この動きは、4月に公開された初期の草案規制を強化するものであり、製品の発売後10営業日以内に登録を行うよう企業に要求していました。

新しいライセンス制度は、今月末までに公開される予定の規制の一部として含まれる予定であると、関係者はFTに伝えました。

4月の規制の草案には、AI生成コンテンツの強制的なセキュリティレビューも含まれていました。

政府は草案で、すべてのコンテンツが「核心的社会主義価値」を具現化し、「国家権力を転覆させ、社会主義制度を打倒し、国家の統一を妨げることを扇動しない」ことを要求しています。

CointelegraphはCACにコメントを求めましたが、発表時までに回答を得ることはできませんでした。

関連記事: 中国は米国のチップなしでAIを開発している — こうして

中国のテックおよびeコマース企業のBaiduとAlibabaは、今年AIツールをリリースしました。後者は人気のあるAIチャットボットChatGPTと競合しています。

FTの報道によると、両社は過去数ヶ月間に規制当局と連絡を取り合い、新しいルールに準拠するために製品を調整してきました。

上記の予定されている規制に加えて、草案には、AIモデルを作成するテック企業がその製品を使用して作成されたコンテンツに完全責任を負うことを中国当局が定めたとも記載されています。

世界中の規制当局は、AIによって生成されたコンテンツの規制を求めています。アメリカのマイケル・ベネット上院議員は最近、AIによって生成されたコンテンツをラベル付けするようテック企業に要請する書簡を執筆しました。

欧州委員会のバイスプレジデント、ヴェラ・ヨウロヴァは最近、メディアに対して「ディスインフォメーションを生成する可能性」のある生成型AIツールにはコンテンツにラベルを付け、ディスインフォメーションの拡散を防ぐ必要があると述べました。

この記事をNFTとして保存し、暗号通貨の領域での独立ジャーナリズムをサポートしましょう。

雑誌: HKクリプトETFが火を噴く、BinanceがマーベリックFOMOに警告、Polyハック:アジア・エクスプレス