中国は、中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)よりも、人民元ステーブルコインから利益を得ることができる可能性があると、サークルのCEOが述べました

中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)よりも、人民元ステーブルコインから利益を得る可能性があると、サークルのCEOが述べました

中国は分散型の暗号通貨に門戸を閉ざしていますが、CircleのCEOであるジェレミー・アレアは、ステーブルコインが中国のデジタル人民元の普及に役立つ可能性があると考えています。

アレア氏は、米ドルにバックアップされたステーブルコインUSD Coin(USDC)を提供する企業を率いる彼のインタビューで、人民元ベースのステーブルコインが中国にとって国内通貨の普及を推進する最善の方法かもしれないと述べました。

「もし中国政府が将来的にはRMB(人民元)を世界中で自由に取引や商業に使用したいと思うなら、中央銀行デジタル通貨よりもステーブルコインがその道を開くかもしれません。」

中国は2021年に暗号通貨の使用に取り締まりを加えましたが、同時にデジタル人民元中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試行、テスト、発行の道を切り開きました。2023年1月時点で、中国政府は約130億デジタル人民元が流通していると述べています。

興味深いことに、デジタル人民元のウェブサイトでは、この通貨がドル、テザー(USDT)および他のステーブルコインの代わりになると主張していますが、CBDCがステーブルコインではないことを明記しています。このウェブサイトでは、ユーザーはMetaMaskまたは独自の変換ポータルを通じて仮想通貨をデジタル人民元と交換することができます。

関連記事:香港の規制リードが主要な暗号通貨ハブになる可能性を示す

アレア氏は、中国が分散型の暗号通貨を使用することには消極的であると認め、香港の暗号通貨セクターへの進歩的な姿勢が中国本土からの支援を示唆していると述べました。

CircleのCEOはまた、世界中のさまざまな政府や中央銀行が「レガシーテクノロジーからより現代的な分散台帳技術への移行」を進める動きはポジティブだが、これを分散化された自己主権システムを受け入れる動きとは誤解されるべきではないと述べました。

「それには役立つ要素がたくさんありますが、私はそれを公共インターネット上でイノベーションを行う私企業の仕事とは非常に異なるものと見ています。」

それにもかかわらず、デジタル人民元は中国の国境を越えて広まっています。Cointelegraphが以前に報じたように、シンガポールを拠点とする暗号通貨に対応した銀行DBSは、中国の企業がCBDCで支払いを受け取ることができるデジタル人民元の商人向けソリューションを開発しました。

このサービスでは、中国本土に拠点を置くクライアントがデジタル人民元を受け取るか集め、人民元ベースの銀行口座に直接決済されるようになっています。

この記事をNFTとして収集し、歴史の一瞬を保存し、暗号空間での独立ジャーナリズムへの支持を示しましょう。

雑誌:アジアエクスプレス:中国がCBDCの触手を拡大、マレーシアが香港の新たな暗号通貨のライバルに