中国の「スーパーSIM」カードには、新しいデジタル元機能が搭載される予定です

中国の「スーパーSIM」カードには新しいデジタル元機能が搭載されます

出典:doomu/Adobe

中国の新しい「スーパーSIM」カードは、国のCBDCパイロットが続く中、デジタル元貨のウォレット、スマートカード、IDカードとして機能します。

中国の携帯電話事業者(中国移動など)は、2016年以来、「スーパーSIM」の提供に取り組んできました。

これらのカードには、その後の数年間でさまざまな機能が追加されました。

しかし、最新のSIMカードには、CBDC「ハード」ウォレットに加えて、新しい認証およびセキュリティ機能が追加されます。

中国のIT-Timesによると、主要な中国の携帯電話プロバイダの最新の「スーパーSIMカード」には、さまざまな新機能が追加されています。

これらの新しいカードでは、近くオフラインのデジタル元貨支払いオプションを利用できるようになるとのことです。

多くの中国の学校では、生徒がスマートIDカードで学校のゲートで「サインイン」し、帰宅時に「サインアウト」することが求められています。

新しいスーパーSIMを使用すると、生徒は学校の食堂でIDカードや携帯電話を使用して支払いもできるようになります。

新しいスーパーSIMは、既存のIDカードに手動で取り付けるか、携帯電話で使用することができ、携帯電話の機能だけでなく、デジタルIDカードとCBDCウォレットの役割も果たすことができます。

一部の中国の大学生は、既にe-CNYを使用してキャンパス内のサービスに支払いをすることができます。

同じカードを使用して図書館や講堂などの建物にアクセスすることもできます。

中国のCBDC:新しいスーパーSIMカードの機能が登場

今後、メディアの報道によると、スーパーSIMカードは改良された識別能力を備えるようになります。

そして、これにより、ホテルで別々のIDカードや銀行カードを必要としなくなると報じられています。

IT-Timesは、「ホテルでチェックインする際、IDカードは必要ありません – 携帯電話を使用して素早くチェックインできます」と述べています。

記念カードには、「充電可能な」デジタル元貨ウォレットとして機能する「金融レベルの」チップも搭載されています。

これらは最近の成都で開催された世界大学生競技大会で初めて披露されました。

スーパーSIMカードは、中国の銀行がリリースした多くの「ハード」(オフライン)スマートカードや装着型デジタルウォレットと同様に、近距離通信(NFC)技術を利用しています。

中国がアジア大会で国際的な訪問者にCBDCを披露する準備をする中、最近数週間で何千もの記念デジタル元貨ハードウォレットが配布されています。

記念のアジア大会テーマのオフラインe-CNY「ハード」ウォレット(出典:鑫佳颖[Xin Jia Ying]Weibo/Screenshot)

大会は浙江省杭州市で開催され、開会式は9月21日に行われます。

7月、中国の中央銀行(PBoC)は、Android携帯電話ユーザーがSIMカードをハードCBDCウォレットとして使用できるソリューションを発表しました。

同じ月、中国電信や中国聯通などのオペレーターは、自社のスーパーSIMプロジェクトをPBoCのデジタル元貨アプリにリンクする意向を示しました。

コンサルティング企業EYは、SIMベースのソリューションが「[CBDC]の使用の敷居を非常に低くする」と主張しました。

同社は次のように述べています:

「[SIMソリューション]は、高齢者や子供など特定のグループにとって、[スマートフォン]の問題を解決するのに役立つでしょう」