「バイバイ」ビットコイン?ロバート・キヨサキがシティバンクのシティトークンサービスについてコメント

ロバート・キヨサキがシティバンクのシティトークンサービスについてコメント

カンチャナラさんによる写真(出典:Unsplash)

先週火曜日、著名な作家であり、金融リテラシーの提唱者であるロバート・キヨサキ氏が、ビットコインと米ドルの未来についての発言で、暗号通貨界隈で活発な議論を引き起こしました。

キヨサキ氏は、最近シティバンクがブロックチェーン技術に参入したことに対するコメントとして、自身の考えをソーシャルメディアプラットフォームXで共有しました。

シティバンクがブロックチェーンに参入

シティバンクは、グローバル金融サービス企業であるシティグループの子会社であるシティバンクインクが、9月18日にシティトークンサービスを発表しました。シティバンクのビジネスソリューションは、顧客の預金をトークン化することで、ブロックチェーン技術を活用して即時の国境を越えた取引を可能にします。

シティトークンサービスの登場により、キヨサキ氏はビットコインと米ドルへの潜在的な影響について考察しました。「シティバンクは今日、銀行ブロックチェーン技術を提供し、制度的な節約をシティバンクトークンに変えることができます。これにより、24時間365日即時の国境を越えた取引に使用することができるようになります。バイバイ BC & 米ドル?」と述べています。

シティバンクのこの決定は、スマートコントラクトを取り入れることで支払い処理の進化に重要な一歩を踏み出しました。銀行は、顧客の預金をプライベートブロックチェーンを通じてデジタルトークンに変換することで、制度的なクライアントに対して24時間365日の取引銀行業務を提供します。

ビットコインと米ドルへの影響

キヨサキ氏の疑問は、ビットコインへの潜在的な競争を示唆しており、業界の専門家たちの注目を集めています。しかし、この動きが暗号通貨にとって有益になる可能性もあると考える人もいます。

DigiBuildのCEOであるロバート・J・サルバドール氏は、シティバンクの取り組みが必ずしもビットコインに脅威を与えるわけではないと指摘しました。むしろ、より広範な暗号通貨の採用と使用を促進する可能性があると述べています。

サルバドール氏は、ビットコインの独自の価値提案が変わらず、迅速かつ便利な支払い手段であるとの立場を維持しています。

キヨサキ氏はビットコインについての見解を明確にしており、それを金と銀という有形の対象物に連携させて「デジタルゴールド」と認識しています。彼はこれらの資産の重要性を強調し、ビットコインを「人々のお金」と呼び、金と銀を「神のお金」と呼んでいます。

キヨサキ氏は4月には、ビットコインが10万ドルに急騰すると大胆な価格予測も行いました。

伝統的なビジネスモデルの破壊と信頼性の問題

ブロックチェーン技術は、主流の受け入れに向けて軌道を進める中で、伝統的な金融ビジネスモデルに大きな影響を与える可能性を持っています。

銀行などの仲介業者は、取引を支援し、金融サービスを提供し、経済的なリソースの門番としての役割を果たしています。しかし、ブロックチェーン技術の固有の設計により、ピアツーピアの取引が可能となり、これらの仲介業者の役割が大幅に減少する可能性があります。

また、信頼性と正当性という問題もあります。シティグループなどの主要金融機関がブロックチェーン技術を採用することで、その技術と関連する暗号通貨に対する重要な信頼性を提供することができるでしょう。

キヨサキ氏の最近のビットコインと米ドルに関するコメントは議論を巻き起こしましたが、同時に主要金融機関によるブロックチェーン技術への関心と受け入れの増加をも示しています。

シティバンクの動きは、伝統的な銀行業務とブロックチェーンの交差点が将来の金融を形作る可能性を持っていることを示しています。ただし、このような動向がビットコインの未来に与える影響はまだ不確定です。