マーク・ザッカーバーグのビジョン:AIがメタバースへの道をリードする

マーク・ザッカーバーグのビジョン:AIがメタバースをリードする

出典: Instagram/Mark Zuckerberg

MetaのCEO、Mark Zuckerberg氏は、急速に進むメタバース競争でのリーダーシップの追求に取り組み続けると明らかにしました。

最近のThe Vergeとのインタビューで、YouTubeにアップロードされたもので、Zuckerberg氏は、近い将来における人工知能(AI)の進歩が強力なメタバースの信頼性を築く鍵であると述べています。

詳しい文脈を提供するため、Zuckerberg氏は、仮想現実と拡張現実の領域がAIと重要な形で交差することを説明しました。

この目標を達成するために、Metaのトップは、生成的AIがFacebook、Instagram、WhatsAppの標準機能となると述べています。

現時点では、同社は製品ラインアップ全体でデジタルアバターの展開に焦点を当てます。

Metaは、メタバースとして知られる3D没入型の世界への大規模な投資を行っています。

同社は2021年10月にFacebookグループからMetaグループにブランド変更しました。しかし、2年後、メタバース戦略に数十億ドルを投資しても、このソーシャルメディアネットワークはまだ大きな報酬を得ていません。

それにもかかわらず、Zuckerberg氏はこのビジョンへのコミットメントを堅持しています。

テックCEOは、AIがデジタルアバターを大幅に向上させると強調しています。彼によれば、個人は仮想現実(VR)空間に没入し、AIのデジタルアバターとコミュニケーションを取ることができます。

このAIアプリケーションに関連するソーシャルな側面は、ビジネス、アーティスト、個人が相互作用し、交流し、ゲーム体験をするためのAIアシスタントを持つことを可能にします。Zuckerberg氏は、これがテック企業の近期の目標であると説明しています。

メタバースのアイデアへの彼の堅いコミットメントを説明しながら、Zuckerberg氏は次のように述べています:

「これらのいくつかの要素が人々との対話を助けることができると思います。それが私たちの自然なスペースです。」

しかし、これだけがZuckerberg氏の1時間に及ぶインタビューの焦点ではありませんでした。彼はまた、Metaが有名な眼鏡メーカーRay-Bansとの共同開発で発売したスマートグラスにも踏み込んでいます。

彼は、前進する決定は画像と形状の品質の大幅な向上、および生成的AIによるものだと説明しています。

これらの重要な概念がシームレスに融合し、スマートグラスの革新の道を開きました。ユーザーは、AIパワーのスマートグラスを使用して、24時間利用可能な仮想アシスタントと共にタスクを実行できるようになりました。

さらに、Zuckerberg氏は、スマートグラスがAIの形態要素として強力な力であると指摘しています。それはユーザーがより主観的な出力を得るためにユーザーが経験するものを見聞きできるからです。

順風満帆ではない

人工知能は、2022年11月の有名なローンチ以来、テックエコシステムの憧れの花嫁となりました。

OpenAIのChatGPTを中心に、AIの世界は今や新しいサービスやビジネス、人間レベルの知能を持つソフトウェアを備えた製品で溢れています。

ただし、Microsoftが資金提供するOpenAIが依然として先頭を走っています。このAIソフトウェアの巨大企業は最近、その仮想AIチャットボットがインターネットを検索できるようになったことを発表しました。これにより、ソフトウェアは引用された情報に直接リンクされた関連性のある最新かつ権威ある情報を提供できるようになります。

このローンチの前に、ChatGPTソフトウェアが共有する情報は2021年9月までに限定されていました。

最も近い競合他社との大きな差があるにもかかわらず、Zuckerberg氏はMetaがこの分野で急速に上昇することに楽観的です。彼によれば、Llama 2の技術がMeta AIとの組み合わせで彼らが競争に勝つために必要な競争力を提供します。

さらに、技術スタックは、ビジネスの運営方法を来るべき数ヶ月で根本的に変える役割を果たすと予想されています。

Metaの本社周辺には楽観的な雰囲気がありますが、同社は財務上の課題に直面しています。

Metaの利益は57億ドルに落ち込み、2022年の74億ドルから23%減少しました。