マラソンデジタルは無効なビットコインブロックを採掘し、バグを原因としてコミュニティの懸念を受けています

マラソンデジタルは無効なビットコインブロックを採掘し、コミュニティの懸念を引き起こしています

出典:AdobeStock / Photocreo Bednarek

ビットコインマイナーのMarathon Digitalは、会社の運営を改善するための実験中にバグにより無効なブロックをマイニングしたことを確認しました。

同社は、その事故をX(元Twitter)の発表で明らかにし、全体的なマイニング能力を向上させるためにハッシュレートの一部を開発プールで実験に使用していると述べました。

複数の報告によると、同社は環境のバグを理由に、高さ809478で無効なビットコイン(BTC)ブロックをマイニングしたと報告されています。

「エラーは、私たちの実験の1つから予期しないバグの結果でした。」

同社は、発見されたエラーがビットコインコアやMarathon Digitalの本番プールとは関係がないと説明し、ビットコインは正常に機能していると付け加えました。

「この事故は意図されていなかったものですが、異常は拒否され、修正されることによって、ビットコインネットワークの堅牢なセキュリティを裏付けています。」

コミュニティが懸念を表明

水曜日、ビットコイン開発者の0xB10Cが、他の開発者によって確認された誤った支出アウトプットにより、Marapoolが問題に直面していることを明らかにしました。

数時間以内に、コミュニティメンバーはこの事故に注意を喚起し、一部はより広範な調査を求めましたが、マイナーはこの実験がビットコインのコアを変更する意図はまったくないと説明しました。

同様に、「mononaut」というBTCの開発者は、このような実験はテストネットで行われた後にビットコインのメインネットで展開されるべきだったと述べ、アナリストのDylan LeClairは、このような実験はビットコインのメインネットで展開される前にテストネットで行われるべきだったと指摘しました。

CasaHodlの共同創設者であるJameson Loppは、この事件をビットコインの強さの証拠として挙げました。

「ビットコインは不正な二重支払いを許さない、防御が固い要塞です!」

同社の株価は過去24時間で2.94%下落しました。

マラソンの拡張計画

Marathon Digitalは、効率を重視しながら運営を拡大するために、マイニング部門の能力を向上させる計画を明らかにしました。

同社は今年、マイニング能力が前年比134%増加し、前年に比べて収益を改善し、純損失を縮小することができました。これは市場の下降および規制の強化によるものです。

5月には、ハッシュレートを22%増加させ、14 EH/sに、設置レートを16%増加させ、17.9 EH/sに増やしました。また、無制限のBTC保有量を11568 BTCに増やしました。

さらに、同社はZero Twoとのパートナーシップを通じて中東への拡大計画を推進し、アブダビの2つのマイニングサイトの合計容量が250メガワットに最適化される予定です。

同社はマイナーの苦境、増加するBTCハッシュレート、および約205日後に控えるBTCのハーフニングに対応するために、これらの計画を進めています。