マイクロストラテジーは、数十億ドルのビットコイン保有に関連して、第2四半期に2400万ドルの費用を計上しました

マイクロストラテジーは、第2四半期に2400万ドルの費用を計上しました

マイクロストラテジー(MSTR)は、最新の決算報告によれば、第2四半期にビットコイン(BTC)保有分に対して2,410万ドルの減損費用を計上しました。一方、前年同期には9億1780万ドル、第1四半期には1,890万ドルの減損費用が計上されていました。

同社のデジタル資産の減損は、ビットコインの価格が購入価格に対して下落したことを反映しています。現行の会計基準では、仮想通貨などのデジタル資産の価値は取得原価で記録され、価値が低下した場合にのみ調整されます。ただし、価格が上昇した場合は報告されません(資産が売却されない限り)。

ビットコインの価格は第2四半期の初めに約28,500ドルで始まり、四半期末には約30,400ドルになりました。

最新の声明で、アンドリュー・カン(最高財務責任者)は、「2023年7月31日現在、ビットコイン保有数量は152,800ビットコインに増加し、第2四半期に12,333ビットコインが追加され、これは2021年第2四半期以来の単一四半期で最も大きな増加です。」と述べています。また、「私たちは効率的に自社の株式市場で資金を調達し、営業キャッシュを使用してバランスシート上のビットコインを増やし続けました。そして、ビットコインに対する機関投資家の関心の高まり、会計の透明性の向上、ビットコインに関する規制の明確化という有望な背景のもとでこれを行いました。」と述べています。

同社は、2021年4月29日から6月27日までの間に3億4700万ドルの現金で12,333ビットコインを、7月には1,440万ドルでさらに467ビットコインを取得したと、エグゼクティブチェアマンのマイケル・セイラー氏のツイートによって明らかにされています。

ビットコインの価格は今年約76%上昇していますが、マイクロストラテジーの株価は3倍以上に上昇しています。同社の152,800ビットコインは約45億ドル相当です。

総じて、MSTRの売上高は1億2040万ドルで、アナリストの予想である1億2310万ドルに届きませんでした。

マイクロストラテジーの株価は火曜日のアフターマーケットで1%下落し、430ドルになりました。

詳細はこちら:バリューエージェントのマイクロストラテジー分析アナリストがQ2決算前に価格目標を引き上げる

更新(8月1日20:31 UTC):最新の取得情報が追加されました。

編集:ネルソン・ワン。