ブロックチェーンのトランザクションの完全性を確保する 監査を通じた信頼

ブロックチェーンのトランザクションの完全性を監査により確保する信頼

ブロックチェーン監査は、ブロックチェーンネットワーク内に格納されたデータとトランザクションを調査して検証するプロセスです。このプロセスでは、ブロックチェーンに記録された情報の整合性と正確性を評価し、意図したルール、プロトコル、規制と一致していることを確認することに重点を置いています。

監査プロセスにより、スマートコントラクトのコードは細心の注意を払って調査され、マイナーループホールから重大な脆弱性まで、さまざまなレベルの脆弱性が特定されます。これらの脆弱性は、数百万人にリスクをもたらす可能性がある重大な弱点です。

監査人は中央集権の問題を見直し、プロジェクトコードが開発者の意図通りに機能していることを確認し、コードの効率を最適化します。彼らは数学的操作、論理的問題、制御フロー、アクセス制御、コンパイラエラーなどの重要な領域に対応します。これにより、スマートコントラクトの脆弱性の確率が大幅に低減され、Web3の世界で重要な保護手段が提供されます。

仮想通貨取引所Bitmartの創設者兼CEOであるSheldon Xiaは、Cointelegraphに対して、「監査はスマートコントラクトの脆弱性に関連するリスクを大幅に減らします。」と述べています。

ただし、監査は万能薬ではありません。多くのプロジェクトは、時間と予算の制約により、コードの一部が監査されずに残され、問題に対して脆弱性を持つ可能性があります。

さらに、コードは頻繁に更新またはフォークされるため、監査は継続的である必要があり、単一の監査では長期的なセキュリティには十分ではありません。

また、展開されたコードが実際に監査されたものであり、異なるものではないことを確認するという課題もあります。これは、展開プロセスにおける透明性と追跡性の必要性を強調し、コード監査にとどまらないセキュリティの包括的なアプローチの必要性を明確にします。

ブロックチェーンシステムの監査は、いくつかの理由で重要です。

まず、監査はブロックチェーンに記録されたトランザクションの検証を確保します。これには、トランザクション履歴の精査、入出力の検証、およびトランザクションが事前に定義されたルールとスマートコントラクトに準拠していることの確認が含まれます。これにより、不正や誤ったトランザクションが防止され、ブロックチェーンネットワークの整合性が維持されます。

次に、ブロックチェーン監査はセキュリティと詐欺検出に重要な役割を果たします。監査人は、トランザクション、アクセス制御、暗号化メカニズムを徹底的に調査し、ブロックチェーンネットワーク内の不正または不審な活動を特定します。この側面は、金融システム、供給チェーン、高いリスクを伴う機密データ管理などで特に重要です。

監査は、ブロックチェーンネットワーク内の参加者が自身の行動に責任を持つようにすることで、説明責任を強化します。これにより、相違や矛盾を特定し、すべての利害関係者が自身の活動に責任を持つことが保証されます。

さらに、監査はステークホルダー間でブロックチェーンベースのシステムに対する信頼と自信を醸成します。監査結果に基づいてブロックチェーンネットワークを最適化することで、組織は増加するトランザクション量に対応し、望ましいパフォーマンス目標を達成できることを保証できます。

信頼性のある監査プロセスの重要性

監査人はブロックチェーンネットワークのセキュリティにおいて重要な役割を果たしますが、創設者は信頼性のある組織を選択する必要があります。怪しげな監査会社に関連する欠点の1つは利益相反です。これらの組織は、監査対象のプロジェクトと財務的に関連しており、独立性と客観性を損なう利益相反が存在する可能性があります。

彼らは監査対象のプロジェクトと財務的に関連しているか、非公開の提携関係や投資を持っているかもしれず、これにより評価の偏りが生じます。このような利益相反は、監査プロセスの信頼性を損ない、調査結果の公平性に疑問を投げかけます。

雑誌:Mighty Bear GamesのSimon Davisに6つの質問

監査における透明性は、説明責任と信頼構築に欠かせません。ただし、怪しげな監査会社は、自社の手法、プロセス、監査人の資格について、限られた情報または曖昧な情報しか提供しません。

2023年3月、Cointelegraphは、廃止された仮想通貨取引所FTXに関連する銀行が、公開会計監督委員会に関連する監査人が提供した誤解を招く不正確な財務情報に依存している可能性があると報じました。

2022年12月、Cointelegraphの別の報告では、SECの代理最高会計士ポール・ムンターが、企業の準備証明監査にあまりにも多くの信頼を置くべきではないと強調しました。ムンターは、これらの準備証明報告書には、企業が負債を満たすために十分な資産を持っているかどうかを利害関係者が判断するために十分な情報がないと述べました。この透明性の欠如により、調査結果の信頼性と信憑性を評価することが困難になり、監査の妥当性について懸念が生じます。

監査は第三者によって行われるべきですが、多くの監査人の真の独立性の欠如により、結果は信頼性に欠ける場合があります。言い換えれば、顧客を失望させることを避けるための動機があるかもしれません。

怪しげな監査会社に関連するもう1つの欠点は、不十分な事前調査です。効果的な監査には、プロジェクトの文書、ソースコード、財務記録、セキュリティ対策などの包括的なレビューを含む、徹底的な分析が必要です。

一部の企業は、適切なデューディリジェンスを行わず、監査プロジェクトから不完全または不正確な情報に依存することがあります。その結果、彼らの報告は誤解を招くか、正確でなく、重要なリスクや脆弱性を特定できない場合があります。

不完全または誤解を招く監査は、ブロックチェーンプロジェクトの評判と信頼性に深刻な影響を与える可能性があります。投資家、ユーザー、または規制当局が信頼できない監査レポートや信頼できない企業による監査を発見した場合、プロジェクトへの信頼が損なわれます。

この信頼の低下は、採用の減少、投資の損失、および潜在的な法的な影響をもたらす可能性があります。

ブロックチェーンシステムにおける効果的な監査のためのベストプラクティス

ブロックチェーン環境での監査を実施するためのベストプラクティスを探求するにあたり、監査人はブロックチェーンシステムの動作原理、コンセンサスメカニズム、およびトランザクションの検証プロセスについて深く理解する必要があります。

この知識により、監査人は潜在的な脆弱性を特定し、システムの総合的なセキュリティと信頼性を評価することができます。包括的なドキュメンテーションは監査プロセスに不可欠であり、ブロックチェーンシステムに関するすべての関連情報が徹底的に記録されることを保証します。

技術仕様、スマートコントラクト、暗号アルゴリズム、およびその他の重要なコンポーネントは、システムの機能を理解し、潜在的なリスクと脆弱性を特定するために文書化する必要があります。

さらに、監査人はブロックチェーンシステムのコードベースを徹底的にレビューし、スマートコントラクトの詳細な分析を行うべきです。このプロセスでは、コードの脆弱性、論理の欠陥、および悪意のあるアクターによって悪用される可能性のある攻撃経路を評価します。

コードレビューとスマートコントラクトの分析時には、精度とセキュリティを確保するために専門のツールと技術を使用する場合があります。

エンドツーエンドのセキュリティが重要です

現実的には、監査のみでは不十分です。より包括的かつ網羅的なアプローチが必要です。監査はコードに基づくリスクに対処する一方で、顧客の認識手続きは人間のリスク要因に対処し、より包括的なセキュリティの概要を提供します。ただし、Web3が提供する匿名性とKYCによって育まれる信頼性のバランスを取ることは難しいプロセスです。

もちろん、KYCも完全に安全とは言えず、悪意のあるアクターが自分自身を偽装し、KYCチェックをパスするケースがあり、プロジェクトに対する誤った信頼感が生まれることがあります。したがって、経験豊富な専門家による厳格なスクリーニングプロセスが必要です。KYCの検証には、それを裏付けるプロセスの網羅性が求められます。

暗号ベンチャーキャピタルのBorderless CapitalのパートナーであるAlpen Sheth氏は、Cointelegraphに対して「監査はコードの変更とエコシステムの進化に遅れることなく継続的なプロセスであるべきであることを忘れないことが重要です。セキュリティはブロックチェーンスペースの持続可能な成長と発展の不可欠な部分であることを認識しています。」と語っています。

中国の警察vs. Web3、ブロックチェーンの中央集権化が続く:Asia Express

この複雑な状況の中で、投資家はデューディリジェンスを行う必要があります。監査レポートを読み理解するだけでなく、信頼性のある企業による監査を行ったプロジェクトを探し、プロジェクトのコードの更新とそれに対応する監査を追跡し、プロジェクトの背後にいるチームとその実績を知り、プロジェクト内の監査されたコードの割合を考慮する必要があります。

Web3エコシステムが成長を続ける中、包括的な監査、堅牢なKYCプロセス、および投資家のデューディリジェンスを組み合わせた多面的なアプローチが必要です。これに加えて、中央集権リスクの課題に取り組むための継続的な努力が、Web3プロジェクトの持続的な成長と成功により安全な基盤を提供します。