フレンド.techの収益が1万ETHを超え、TVLは3万ETHを上回りました

フレンド.techの収益が1万ETHを超え、TVLは3万ETHを上回った

コインベースのレイヤー2プロトコルBaseをベースにした分散型ソーシャルメディアプラットフォームFriend.techは、収益成長とプラットフォーム上での総額ロックが新たな高みに達しました。

Dune Analyticsのデータによると、Friend.techの収益は10,663 Ether (ETH) に急増し、10月2日時点での総額ロックは30,000 ETHを超えました。最近の収益と取引活動の急増は、ローンチ初期のハイプの減少と同時に起こりました。

2023年8月にローンチされた分散型ソーシャルネットワークプラットフォームであるFriend.techは、ユーザーが友人やインフルエンサーに関連付けられたXアカウント(以前のTwitter)の「キー」を交換できるようにするものです。これらのキーにより、ユーザーはアプリ内のプライベートチャットルームや対応するXユーザーにのみ利用可能なコンテンツにアクセスできます。また、ユーザーはプラットフォーム上で友人やインフルエンサーの株を購入することもできます。

Web3の世界では、収益共有モデルを持つ分散型ソーシャルネットワークプラットフォームのコンセプトは多くの人々から称賛されましたが、このプラットフォームは批評家の注目も浴びています。

お伝えしたいことがあります。@friendtechには何かおかしい点があります。人々に直接返信できないグループチャットからお金を稼ぐクリエイター?価格設定の仕組みはばかげており、簡単に悪用される可能性があります。ポンプとダンプです。

— Yazan (@YazanXBT) 2023年8月20日

この分散型ソーシャルメディアプラットフォームは、数ヶ月前のローンチ以来、何度も「死亡」宣言されてきました。ある仮想通貨コメンテーターは、収益モデルを疑問視し、プラットフォームが魅力を失うまでの6〜8週間を与えたと述べました。批評家たちは、最初の数週間で株価が急上昇した割合が、長期的には持続不可能であると指摘しました。

関連記事:Pepecoin — トークン盗難の中でインサイダートレーディングの主張が浮上

しかし、批評にもかかわらず、Friend.techプラットフォームは引き続き収益とユーザー数の新記録を達成しています。

最新の収益の急増は、プラットフォーム上でのコミュニケーション取引が9,200,882件に急増したことによるものです。現在の取引指標は9月の初週の高値からの下落を示していますが、収益と総額ロックの着実な成長は、プラットフォームがまだユーザーからの関心を集めていることを示しています。

マガジン:Journeys: Hervé Larren on Bitcoin, Apes and the psychology of ‘blue-chip’ NFTs