「送金と銀行口座未開設が頼りのフィリピン、ビットコインのライトニングネットワークが必要」

フィリピンには送金と銀行口座未開設が頼りですが、ビットコインのライトニングネットワークが必要です

これはBitcoin Lightning Networkの支払いプロバイダーであるPouch.phの創設者兼CEOであるEthan Roseによる意見記事です。

最近、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceは、Bitcoinの取引速度とスケーラビリティを向上させるためにBitcoin Lightning Networkを成功裏に導入しました。これは2023年5月に突然の取引量の急増によりBitcoinの引き出しを数時間停止せざるを得なくなったことに続いてのことでした。この急増は手数料の増加をもたらしました。

Binanceのこの統合は、将来の大量の取引量を管理するための長期的な解決策としてLightning Networkについての紹介と深化した話し合いを促しました。また、Lightning Networkが鈍い取引速度と高いエネルギーコストに対抗する潜在能力は、Coinbaseの経営陣の耳にも届いたようです。Coinbaseが(CEOのBrian Armstrongが示唆しているように)自社プラットフォームにLightning Networkを統合することを選択すれば、BinanceやBitfinex、Kraken、CoinCornerなどの大手取引所の足跡をたどることになります。

Lightning NetworkがBitcoinのスケーリングを支援する方法

Lightning Networkは、より効率的で費用のかからないトランザクションを可能にするマイクロペイメントチャネルを使用するBitcoinの第2層です。基本的には、Bitcoinのスケーラビリティの制限を解決するためにオフチェーンのトランザクションを導入するために設計されました。Bitcoinのメンプール(確認待ちのトランザクションの保持エリア)がいっぱいで忙しい場合でも、Lightning Networkは影響を受けません。

比較的新しい技術であるLightning Networkは、2016年にJoseph PoonとThaddeus Dryjaによって最初に提案され、過去数年間にわたって開発と改良が行われてきました。それは革新的で野心的で有望な技術です。しかし、予期せぬ地域での迅速かつ戦略的な採用が業界関係者の注目を集めています。その一例がフィリピンです。フィリピンは東南アジアの発展途上国であり、フィリピンの金融エコシステムを再構築し、トランザクションを強化するためにLightning Networkの力を活用するために重要な進展を遂げています。

フィリピンにおける有望なユースケース

フィリピンは世界で最も多額の送金を受ける国の一つです。2022年には、これらの送金は361.4億ドルと過去最高に達し、海外フィリピン人労働者が国の経済を支える重要な役割を示しています。ワールドバンクによると、2023年末までにフィリピンへの送金は390億ドルに上昇すると予測されています。

Lightning Networkの国内金融システムへの統合は、従来の金融システムを通じた送金に関連する高い手数料と非効率性といった問題を軽減することができます。

フィリピンにおけるLightning Networkの潜在的な影響は、この技術を活用するデジタル決済プラットフォームによって明らかになっています。これにより、アメリカが2022年にフィリピンへの総送金の最高シェアである41.2%、カナダが3.6%を占めたように、より迅速かつ安全な送金が可能になりました。

さらに、フィリピンではデジタル経済が急速に拡大しており、最近の調査によれば、2025年には350億ドルに達し、年率20%で成長し、2030年には1,000億ドルから1,500億ドルに達する可能性があります。このデジタル経済の重要な部分は、マイクロ、小規模、およびVoAGI企業(MSME)によって牽引されており、これらはフィリピン経済の骨格を成しています。MSMEは企業の99%を占め、労働力の63%を雇用しています。

しかし、その規模と役割にもかかわらず、MSME市場は未開発であり、技術的なギャップが存在しています。現状では、このセクターはパフォーマンスが低く、国内総生産の40%しか貢献していません。この差異は、まだ実現されていない成長の可能性が大きいことを示しており、さらなるデジタル変革のための絶好の機会を示しています。

しかし、MSMEのデジタル化はパズルの一部に過ぎません。彼らの技術的進化の次のステップは、彼らのオペレーションにLightning Networkを統合することかもしれません。

Lightning Networkはすでに数百の小規模ビジネスの成長を促しており、主要都市だけでなく、小さな州でもビットコインの支払いを受け入れて処理しています。これにより、彼らは特にビットコインで支払いや支出を好む外国人観光客を取り込むことができます。

したがって、この革命的な行動は2つの経済に影響を与えています:観光業と地元の起業家精神。Lightning NetworkはMSMEの未実現の可能性を解き放ち、その成長を促進し、さらなるデジタル経済を推進する上で重要な役割を果たしています。

さらなる解明が必要です

ライトニングネットワークは、フィリピンのような発展途上国が従来のインフラ制約を乗り越え、最先端の技術を活用して経済の進歩を促進する強力な例です。しかし、ライトニングネットワークを容易かつ効果的に活用するための関連技術のさらなる探求がまだあります。

最も興奮すべき進展の一つは、NFC対応のカードや携帯電話を使用した「タップして支払う」の潜在的な一般的な採用です。これは、Apple PayやGoogle Payなどと同様に、QRコードに基づく支払いがフィリピンで人気があることから、より高度で非接触型の取引への移行が自然な進展となります。

これにより、キャッシュ、デビットカード、クレジットカードなどの従来の支払い方法に代わるより良い選択肢として、ライトニングネットワークが位置づけられ、未だ銀行口座を持たない1000万人以上のフィリピン人にとって便利な新しい時代をもたらすことができます。迅速かつ手頃な取引を容易にする能力を持つライトニングネットワークは、金融サービスへのアクセスを民主化し、包括的な経済環境の基盤を築くために適切な位置にあります。

ライトニングネットワークの変革的な潜在能力は、さまざまなセクターにわたって明白ですが、これは道のりに困難がないことを意味するものではありません。技術的な複雑さ、規制上の課題、普及と教育の懸念が解決される必要があります。しかし、賢く航海すれば、ビットコインとライトニングネットワークはフィリピンの経済を力強く支えるツールとなり、他の発展途上国にとってのモデルとなることができます。

この記事はEthan Roseによる寄稿です。記載されている意見は完全に彼ら自身のものであり、BTC IncまたはBitcoin Magazineの意見を必ずしも反映しているわけではありません。