フィッシング被害者が詐欺師に対して4,500,000ドル相当のUSDTを送信

フィッシング被害者が4,500,000ドル相当のUSDTを送信

報道によると、無自覚な仮想通貨保有者が驚くべき4,460万ドルのフィッシング詐欺の被害者になったとされています。

Etherscanのデータによると、Krakenの仮想通貨取引所のウォレットから4,460万ドルのテザー(USDT)が引き出され、最終的に「ACa7」で終わるアドレスに送られました。

ブロックチェーンセキュリティ企業のPeckShieldは、そのアドレスをフィッシング詐欺師の所有としてラベル付けしています。

#PeckShieldAlert アドレス0x2175…f7D9が4,460万ドルの$USDTを詐取されました 被害者のアドレス:0x2175c0082d052872501f7fe54e1aC59858aaf7D9詐欺師のアドレス:0xAbb07822F471773Ff00b9444308ceEB7cf0dACa7 pic.twitter.com/Ny9CIrkBxw

— PeckShieldAlert (@PeckShieldAlert) September 21, 2023

別のブロックチェーン詐欺プラットフォームであるScam Snifferは、9月20日にこれらの資金が「偽のCoinone仮想通貨マイニング取引所」と関連付けられたアドレスに送られたと提案しました。

誰かが約1時間前にKrakenから4,460万ドルを偽のCoinone仮想通貨マイニング取引所に引き出しました。https://t.co/ued55jlWdM pic.twitter.com/tsV5BGDY0O

— Scam Sniffer (@realScamSniffer) September 20, 2023

Scam Snifferは、ユーザー作成のDune Analyticsダッシュボードにリンクしており、このような攻撃により、約21,953人の個人に影響を与え、合計で約3億3710万ドルのUSDTが詐取されたと示唆しています。

Tayvano’s Dune Analytics dashboard on USDT Approval Scams. Source: Dune Analytics.

関連記事:仮想通貨の大口がフィッシング攻撃で2,400万ドルのステーキングイーサリアムを失う

グローバルアンチスキャム機構は、この種の承認マイニング詐欺は通常、被害者を騙して暗号通貨ウォレットから無制限の引き出しを許可させると述べています。

「セルフカストディクリプトウォレットを作成すると、暗号化によって保護された「秘密鍵」を取得します。しかし、詐欺師はあなたのシードフレーズを必要としません」とGASOは述べており、被害者が偽のマイニングプールに参加するためにクリックすると、Ether(ETH)で10〜50ドルのネットワーク手数料を要求するボタンをクリックしていると説明しています。

合理的に思えるかもしれませんが、GASOはユーザーをだますためだと提案しています:

「これは単にUSDTスマートコントラクトを介してウォレットへの無制限のアクセスを許可するためのデジタル署名済みの認証を入手するためのものです。」

雑誌:アジアエクスプレス:タイの国民的エアドロップ、Delioユーザーのトラブル、ベトナムはトップの仮想通貨国です