ビットワイズは、10月2日にイーサリアムETFの開始を発表しました

ビットワイズは10月2日にイーサリアムETFの開始を発表しました

Bitwise Asset Managementは、現物のBitcoin (BTC) エクスチェンジトレードファンド(ETF)の申請を修正し、2つのEther (ETH) 先物ETFの取引が10月2日に開始されることを確認しました。

同社は、Bitwise Ethereum Strategy ETFとBitwise Bitcoin and Ether Equal Weight Strategy ETFの取引が予定されていることを明らかにしました。Bitwiseは、この動きにより、投資家がシカゴマーカンタイル取引所のEther先物にアクセスできるようになると述べています。

同社の最高投資責任者であるMatt Houganは次のように述べています。

「Bitcoinと比較して、Ethereumはより広範なポートフォリオの機会を提供しています。一部の投資家はEthereumを代替案と見なし、他の投資家はそれを成長投資の一環と見なし、両方の要素を兼ね備えていると捉えています。」

現物のBitcoin ETFの承認を待つ多くの企業が、Ethereum ETFの競争にも参入しています。最近、資産管理会社のInvescoもInvesco Galaxy Ethereum ETFの導入の可能性を検討していると報じられています。

Bitwise、BlackRock、Invesco、Valkyrieは、米国証券取引委員会(SEC)による現物のBitcoin ETFの申請の承認をまだ待っており、米国政府のシャットダウンの中での決定を遅らせています。

関連記事: Valkyrie、ETFの開始までEther先物契約の購入を撤回

また、Grayscaleの訴訟の結果も、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)をBitcoin ETFに変換することを支持しており、SECが現物のBitcoin ETFの承認に関する決定を下す時期に影響を与える可能性があります。8月29日、米国の裁判所は、同機関の異議を却下することで、Grayscaleの現物のBitcoin ETFの承認の道を開きました。

一方、BloombergのアナリストであるJames Seyffartは、2023年10月2日(月曜日)に起動するために、SECから迅速な承認を受ける予定の9つのEthereum Futures ETFの完全なメンバーリストを公開しました。

雑誌: 暗号通貨規制:SEC議長ゲンスラーが最終的な決定権を持っているのか?