ビットメインは、破産したビットコインマイニング会社コアサイエンティフィックに5400万ドルを投資する予定です

ビットメインは、破産したコアサイエンティフィックに5400万ドルを投資予定

出典:AdobeStock / Photocreo Bednarek

デジタルアセットマイナーのCore Scientificは、ビットコインマイニングおよび人工知能(AI)コンピューティングハードウェアの主要なプレーヤーであるBitmainとの新しいパートナーシップを発表しました。

この取引の一環として、Bitmainは、長年の関係を拡大するためにCore Scientificに5359万ドルを投資します。

合意によれば、Bitmainは、2,310万ドルで27,000台のBitmain S19J XP 151 THマイニングサーバーを供給し、Core Scientificの株式に5359万ドルを投資します。この株式の価値は、2023年第4四半期に破産裁判所によって決定されます。

破産手続きから脱出するにつれ、Core Scientificはキャッシュ/株式取引と以前のホスティング契約を活用して、Bitmainのマイニング活動をサポートするために自社の運営を再構築する予定です。

この進展により、北米のマイニング業界は最高品質の機器と拡大の明確なロードマップと共にさらに深化する可能性があります。

2017年にマイニング活動を開始して以来、Coreは60万台以上のBitmainマイナーを展開し、同社のホスティング顧客のほぼ99%がBitmain S19モデルです。

将来のためのパートナーシップ

両社は、暗号マイニングセクターが規制当局と市場の力によって打撃を受けている時期に、数年後の彼らの進路にとってこの取引が有益であると発表しました。

BitmainのCEOであるマックス・ファ氏は、この取引について、Coreとの長年の関係と、これまでの良い実績を強調しました。

「私たちは、Core Scientificとの戦略的な関係を深めることを楽しみにしています。彼らのプロフェッショナリズム、誠実さ、およびホスティング顧客の成功とビットコイン(BTC)ネットワークの成長への取り組みは、業界で類を見ないものです。」

ファ氏は、Core Scientificがビットコインネットワークにとって不可欠であり、ブロックチェーンの全ての潜在能力を確立する必要があると述べました。

CoreのCEOであるアダム・サリバン氏は、次のハーフニングに備えて彼らのフリートを拡大するためのプラットフォームとしてこれを見ています。

「Bitmainとの重要な関係を拡大できることを光栄に思っています。私たちは共に、業界のプロフェッショナリズムを高め、ビットコインネットワークの長期的な成長を図りながら、世界中でビットコインの採用が増える道筋を作り出してきました。」

破産事件の中で効率化に取り組むCore

先週、CelsiusとCore Scientificは、Cedarvaleマイニングサイトに対する現金1,400万ドルと調整請求書の残り額を支払う4500万ドルの合意に達しました。

パフォーマンスに注力して、同社は既存のマシンを最大限活用し、自社の運営を再構築して主要なグローバルプレーヤーとしての立場を維持することを目指しています。

サリバン氏は、「データセンターおよび個々のマイナーレベルでのパフォーマンスと効率を最適化する方法を探しています。ハーフニング後の収益性を向上させるために、施設間および施設内でマシンの配置を再調整しています」と述べています。