ビットコインETF:暗号通貨にとっての6000億ドルの転換点

ビットコインETF:暗号通貨の6000億ドルの転換点

アメリカの控訴裁判所は、証券取引委員会(SEC)に対し、Grayscaleのビットコイン上場投資信託(ETF)の申請を再評価するよう指示しました。この判決のあまり注目されていない結果として、6,000億ドルの新規キャッシュが仮想通貨市場に流入する可能性があります。

ETFは、ビットコイン(BTC)を含むさまざまな資産クラスに投資家が規制された方法でアクセスできるようにします。ビットコインETFの承認により、仮想通貨セクターへの投資が民主化され、iShares MSCI Brazil ETFやVanEck Brazil Small-Cap ETFがブラジル市場への投資を民主化したことに類似することが期待されます。

いくつかのハードルがあるものの、市場アナリストは2024年初めまでにビットコインETFの承認が可能性として予測しています。バーンスタインのアナリストによる9月のレポートによると、ビットコインの現在の時価総額(約5500億ドル)を倍以上にする、約6,000億ドルの新たな需要が生まれる可能性があります。

関連記事: 10年後もまだビットコインETFはないが、誰が気にする?

ただし、これらの予測は推測的なものであり、実際の結果は市場の動向、企業の戦略、規制当局の対応など、さまざまな要素に依存します。特にSECは、Cathie WoodのArk 21Shares Bitcoin ETFの申請について、既に何度も決定を延期しています。ウッドは8月にこれらの遅延を予想し、SECが複数のビットコインETFを同時に承認すると信じていると述べました。しかし、9月26日、SECは決定期間をさらに延長し、1月10日まで延期しました。

SECの議長であるゲーリー・ゲンスラーがビットコインETFの申請を延期し、拒否したことは批判を浴び、投資家の不満を引き起こしました。議会の両党からなるグループは、グレースケールの裁判の判決後、スポットクリプトETFを拒否する理由がないと主張し、直ちにETFの承認をゲンスラーに要請しました。彼らは、これにより投資家の保護策が向上すると信じています。この議会の圧力はビットコインETFの承認への道をさらに複雑にし、ARK 21Shares Bitcoin ETFの決定日が迫っている中、不確実性を増しています。

SECのビットコインETFに関する審議と並行して、仮想通貨業界の主要なプレーヤーは新しい規則を積極的にロビー活動しています。たとえば、Coinbaseは仮想通貨業界で最大のロビー活動を主導し、新しい規制の導入に関する議員の支持を獲得しようとしています。これらの展開を観察し続ける中で、仮想通貨規制の将来が激しく争われていることがますます明確になってきます。

最近の動向からは、ビットコインETFの承認にさらなる遅延の可能性が示唆されています。ブルームバーグのETFアナリストであるジェームス・セイファートは、SECの最近の決定が2023年のETF承認の見通しを悪化させた可能性があると推測しています。ブラックロック、ビットワイズ、ウィズダムツリーなどの主要プレーヤーの申請書は、10月の第3週に審査が予定されています。しかし、SECのARK 21Sharesに対する最近の措置は、中旬に審査が予定されている他の申請書、例えばVanEck、Invesco、Fidelity、Valkyrieの申請書にも遅延が生じる可能性があるという憶測を引き起こしました。したがって、これらの申請に関する重要なアップデートが近々あるかどうかは見極める必要があります。

これらのETFの意義をよりよく理解するために、資産運用額(AUM)の概念について掘り下げましょう。AUMは、エンティティやアドバイザーがクライアントの代理で管理する金融資産の総時価総額を表します。この投資世界での重要な指標は、パフォーマンスの指標として機能します。より詳しい情報については、以下の表をご覧ください。

ブラックロックなどのAUMが高い金融機関は、ビットコインETFを成功裏に立ち上げることで、運用手数料からより多くの収益を得ることができます。

ビットコインETF市場における競争が激化すると、運用手数料が下がり、収益に影響を与える可能性があります。

投資会社はこれらの手数料を資金の運用に対する報酬として請求し、通常は0.20%から2.00%の範囲です。競争が激化し、費用対効果の高い投資戦略や投資家の透明性の要求が増えたことにより、運用手数料の減少傾向が最近観察されています。

GrayscaleはETFからどのように収益を生み出していますか?

Grayscaleは、提案されたビットコインETFなどのExchange-Traded Funds(ETF)から、運用手数料によって収益を生み出しています。これらの手数料は、管理されている総資産(AUM)の一定割合として計算されます。

既存の製品であるGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)では、会社は年間2%の手数料を請求しています。

実際の数字を使って、どのように機能するかを見てみましょう。ビットコイン信託に報告された162億ドルの資産を取り上げ、2%の管理手数料を適用すると、Grayscaleはビットコイン信託から年間3億2400万ドルの管理手数料を得ることになります。

GrayscaleがGBTCをビットコインETFに変換することに成功すれば、機関投資家にとってETFの魅力が高まり、AUMが潜在的に増加する可能性があります。ただし、GrayscaleはETFへの変換時に手数料を引き下げる予定ですが、具体的な数値は提供されていません。

関連記事: ブラックロックの「クリプト・フォー・ダミーズ」の誤った試み

変換はSECの承認を必要とします。Grayscaleは最近、SECに対する法的な訴訟に勝利し、スポットビットコインETFの承認の道を開きました。同時に、SECはARK 21Shares Bitcoin ETFの決定期間を延長しました。

ビットコインETFの承認は、主流の暗号通貨の受け入れに向けた重要な一歩となります。裁判所の判決は、SECがデジタル資産に対する唯一の権限を問い、他の機関(裁判所や議会など)が暗号通貨の規制に影響を与える可能性を示唆しています。これにより、暗号通貨の受け入れが広がり、ビットコインへの投資がよりアクセスしやすく規制され、より多くの資本が暗号通貨市場に流入する可能性があります。

承認の可能性は、他の国々に先例を提供し、暗号通貨のグローバルな普及を加速する地政学的な影響も持つでしょう。

もちろん、裁判所の判決にはさまざまな障壁が残っています。しかし、これは進歩を示すものであり、変化を受け入れる準備ができている者には報酬が待っています。