Bitcoin市場、CPI指標に備える 今日はBTCが上昇するか、後退するか?

'ビットコイン市場、CPI指標に備えるBTCの動向は上昇するか後退するか?'

高い期待を受けるアメリカ消費者物価指数(CPI)データが、本日午前8時30分(米国東部標準時)に発表される中、ビットコイン(BTC)市場は重要な岐路に立たされています。インフレ懸念が残り、連邦準備制度(Fed)の次なる動きが厳しく監視される中、市場参加者はCPIの数字がBTCの価格動向に与える影響を熱望しています。以下は、期待される数字です:

  • ヘッドラインの年率は3.1%(前回は4.0%)
  • ヘッドラインの月率は0.3%(前回は0.1%)
  • コアCPIの年率は5.0%(前回は5.3%)
  • コアCPIの月率は0.3%(前回は0.4%)

Fedのインフレに対する闘い

最近数ヶ月間、インフレ圧力が懸念事項となり、投資家や経済学者の注目を集めています。ヘッドラインのインフレは急速に落ち着いており、6月の3.1%(5月の4.0%からの低下)までさらに下がることが予想されていますが、不安要素となっているのは、揺らぎやすい食品とエネルギー価格を除外したコアCPIです。

連邦準備制度(Fed)のメンバーは最近の公の場で強硬な姿勢を維持し、コアインフレの再浮上に対する懸念を表明しています。その背景には、インフレは主に供給チェーンの問題の解消によって低下した一方、コアインフレは高いままとなっているという点があります。

賃金の上昇は持続的なコアインフレの増加サイクルに寄与する可能性があります。5月のコアCPIは5.3%でしたが、専門家は6月に5.0%まで徐々に低下すると予想しています。これは進展ですが、現在のコアインフレがいかに持続しているかを示しています。予想外に急激な低下がある場合、非常に好意的な状況となるでしょう。

予想を下回る数字は、ビットコインや仮想通貨市場に上昇をもたらす可能性があります。有名なトレーダーで心理コーチのクリストファー・インクス氏は、次のようにツイートしています:

CPIは、ヘッドラインの数字が前回の4%から今回の3.1%に大幅な減少が期待されて公表されます。もしコアCPIが5%を下回るなら、それは非常に大きなことであり、覚悟してください。中古車販売は予想以上にコアCPIを下げるでしょうか?

コアインフレの予想外の変動は、Fedによる次の利上げの決定に重大な影響を与える可能性があります。次回のFOMC会合は7月26日です。現時点では、CME FedWatchツールは92.4%の確率で25bpsの利上げを予測しており、これが市場を抑えています。コアCPIが予想を下回ると、この確率は大幅に低下する可能性があります。

通常通り、JPモルガンは消費者物価指数の発表に備えてS&P 500のゲームプランを作成しています。この銀行大手によれば、CPIが3%〜3.2%に低下する確率が最も高く、45%です。その場合、S&P 500は0.5〜0.75%上昇する可能性があります。

JPモルガンは次に、ヘッドラインCPIが2.8%〜2.9%に低下する確率を25%としています。この場合、S&P 500は1.5〜1.75%上昇する可能性があります。また、この銀行大手はCPIが2.7%以下に低下する確率を10%、予想された読み値(3.3%以上)を上回る確率を20%としています。

JP Morgan game plan on CPI day | Source: Twitter @StockMKTNewz

ビットコインの可能なシナリオ

CPIの数字が予想を上回り、インフレ圧力が高まっていることを示す場合、BTCは一時的に後退する可能性があります。予測範囲内のCPIの場合、BTCの反応は穏やかになるかもしれません。投資家は、持続的なインフレの兆候を注意深く監視し、それがビットコインの価格にわずかな下落をもたらす可能性があります。

予想を下回るCPIの数字は、インフレ圧力の緩和を示唆し、BTCの上昇相場を引き起こす可能性があります。投資家は、これをFedによる政策の一時停止の前兆と捉えることができるでしょう。予想を下回るコアCPIの読み値は、ビットコインにとって必要な後押しとなる可能性があります。

現在、ビットコイン価格は中間範囲の抵抗線を突破し、30,767ドルで取引されています。

BTC above mid-range resistance, 4-hour chart | Source: BTCUSD on TradingView.com