BTCの上昇が再開すると、動かないビットコイン供給が史上最高に達しました

ビットコイン供給が史上最高になった時、BTCの上昇が再開する

ビットコインは価格の持続的な上昇を見つけるのに苦労しながらも、市場を支配し続けています。暗号通貨取引所Bitfinexは最新の週報で、Ark Investの報告書の一部を強調し、強力な保有者からの支持の増加とビットコインへの機関投資家の感情改善を示しました。

2021年7月初旬時点で、1940万BTCという現存するビットコイン供給の70%が少なくとも12ヶ月間動かされていませんでした。つまり、ビットコインの未動の供給、つまり1年以上転送されていないBTCの量が過去最高に達しました。

ビットコインは機関投資家の関心が高まっています

機関投資家はインフレ保護としてビットコインに興味を持っています。主要なプレーヤーが資産に大きな投資をすると、将来の価値を信じていることを示しています。

報告書によれば、ビットコイン投資家の長期的な信頼感の増加には、いくつかの要因が寄与しています。その1つの大きな影響は、主要な投資会社がビットコインの現物ETFを申請したというニュースで、これがさらなる関心を引き起こしたようです。

6月にはオーバーザカウンター(OTC)取引が1年ぶりの高値に達し、過去3ヶ月で60%急増しました。機関投資家にとって、これらのOTC取引はより人気があり、BTCが優先される投資オプションになっていることを示しています。

BTCの価格は30,500ドルの抵抗線を回復 | 出典: TradingView上のBTCUSD

ビットコインの未動の供給の増加は、ビットコインの価格にとって明らかに良いことです。長期的な保有者によって供給がロックされるほど、流通可能な供給は減少します。供給と需要の法則によれば、供給が減少し、需要が同じか増加する場合、価格は上昇します。

ただし、Bitfinexの報告書によれば、BlackRockや他の投資会社による現物ETFの申請のニュースは、ビットコインのオープンインタレストが38%以上急増したことを示しています。これは、デリバティブトレーダーが現在の市場の勢いを支配している可能性があり、短期的にはBTCの価格に悪影響を及ぼすかもしれません。

5年以上前に最後に動かされた供給の割合が過去最高に達する

Bitfinexの報告書と同様に、Glassnodeのオンチェーンデータも、5年以上動かされていないビットコインの供給が最近29.070%という過去最高に達したことを示しています。明らかに、ビットコインを長期的な投資として保有する人々が増えていることを示しています。

ビットコインは供給が固定されているため、マイクロストラテジーなどの投資機関が引き続きこの仮想通貨を蓄積し続ける限り、未動の供給は増加し続けると予想されます。