「金利上昇が続く中、ビットコインはわずかに26,000ドルを維持する」

ビットコインは金利上昇の中で26,000ドルを維持

火曜日、ビットコイン(BTC)の価格は26,200ドルで下圧力を受け続け、より長期間の高金利の考えが金融市場全体に広がっています。CoinDesk Market Index(CMI)は0.6%下落し、ビットコインの下落に比べてわずかにパフォーマンスが低い状況です。

米国の10年債券利回りは4.55%に上昇し、約16年ぶりの最高水準に達しました。10年債券の利回りは9月にはわずか4.18%から始まりました。

金利の急激な上昇は、株式市場に大きな影響を与えており、ナスダックは火曜日に1.1%下落し、ほぼ4か月ぶりの最低水準になっています。S&P 500も同様に下落し、6月初旬以来の水準に達しています。

JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏が金利に警告

「世界が7%に備えているかどうかはわかりません」とJPモルガンのCEOは火曜日に述べました。ダイモン氏は、米国連邦準備制度理事会(FRB)の基準金利が0%から2%に上昇したことは大したことではなく、2%から現在の5.25%-5.50%に上昇したことは数人を驚かせました。しかし、7%まで上昇することについては、市場参加者のほとんどが予想していないと警告しました。

「システムにはストレスが生じるでしょう」と彼は述べ、それが米国経済を景気後退に導く可能性があると述べました。