ビットコインは、中国上海でデジタル通貨としての法的承認を受けました

ビットコインは中国上海で法的承認を受けました

中国の上海第二中級人民法院は、ビットコインをユニークで再現不可能なデジタル資産と認識し、その希少性と固有の価値を認めていると報じられています。

中国の裁判所は、9月25日にインターネット技術の発展について報告書を公表しました。報告書は、インターネット技術の発展に伴い、ビットコインなどのデジタル通貨がユニークで再現不可能であることを指摘しています。報告書は、仮想通貨の中でビットコインは他のデジタル資産とは異なり、ユニークであると述べています。

報告書はまた、ビットコインの希少性や特性についても言及しています。報告書は、ビットコインが拡張性、流通性、保管性、および支払いのような主要な通貨の特徴を受け継いでいることを指摘しています。ビットコインは、分散化された性質や中央機関の管理の欠如にもかかわらず、世界的に使用され続けています。

上海の主要な裁判所の最新の判決によって、ビットコインや他のデジタル通貨は中国でより正統性を持つようになりました。中国では仮想通貨に対する包括的な禁止措置が取られていますが、ビットコインを個人財産と定義するための法的な議論は、中国の地方裁判所から多くの支持を得ています。

北京のビットコインに対する敵対的な姿勢にもかかわらず、上海の主要な裁判所の最新の認識は続きます。中国は2021年にビットコインマイニングを含むすべての仮想通貨活動に対して包括的な禁止措置を課しました。しかし、中国のいくつかの裁判所は、これらの年月を通じてビットコインや他のデジタル資産を法的に保護される財産と認識してきました。

関連記事: 中国、新しい国家金融監督機関の計画を発表

先月、Cointelegraphが報じたように、中国の人民裁判所は、仮想資産の合法性を評価し、これらのデジタル資産の刑法上の属性を分析する報告書を公表しました。報告書は、デジタル資産は法的な財産であり、したがって法律によって保護されると指摘しています。

この記事をNFTとして収集し、歴史的な瞬間を保存し、暗号空間での独立したジャーナリズムを支援しましょう。

雑誌: DeFiがストレステストに直面、DoJがバイナンスでの資金引き出しを懸念、香港の仮想通貨取引:Hodler’s Digest、7月30日〜8月5日