ビットコインは、資金流入の3週目として、先月の流出を修正し、引き続き支配を続けています

ビットコインは、先月の流出を修正し、引き続き支配を続けています

7月10日に公表されたCoinSharesの報告によると、デジタル資産の流入が3週連続でプラスに転じ、これにより市場で前の9週間の流出が完全に修正されました。

今週の流入額は1億3600万ドルでした。ビットコイン(BTC)ファンドは、アンカーポジションを保持する傾向が続き、流入の98%がBTCからのものでした。残りの2%は主にイーサ(ETH)、複数資産保有、および一部のオルトコインからのものでした。

出典:スクリーンショット、CoinShares

デジタル資産の流出が流入を上回った9週間の後、この3週連続のプラス動向は、現在の連続記録の合計を4億7000万ドルにもたらしました。CoinSharesによれば、この合計は前の流出記録を完全に修正しています。

これにより、過去3週間の流入総額は4億7000万ドルとなり、前の9週間の流出が完全に修正されました。トレードの売買高は減少していますが、これは7月と8月に通常見られる売買高の低下による季節効果の影響かもしれません。2/6 pic.twitter.com/4uyvrY0aRP

— CoinShares (@CoinSharesCo) July 10, 2023

先週、ビットコインの流入は過去1年間の最高値を記録した後も、先週の流入額は1億2300万ドルでした。今週はさらに1,000万ドルが追加され、ビットコインの2週間の流入総額は2億5600万ドルに達しました。

これにより、ビットコインは7月11日時点で前週の51.46%から報告された51.66%まで、暗号市場の支配力を維持しています。

ホドラーにとっても良いニュースとして、ブロックチェーン関連の株式への流入は1,500万ドルとなり、過去1年間の最高値を記録しました。これは先週の680万ドルを2倍以上に増やし、CoinSharesによれば自己の9週連続の流出記録を破りました。

ただし、全体的な流動性は低下しているようで、均衡の兆しも見られます。報告によれば、トレードの売買高は「季節的な低水準」に達しており、以前の年のサイクルと同様に、7月と8月には流動性が低い傾向があります。

関連記事:Standard Charteredによれば、ビットコインの供給ショックがBTC価格を12万ドルに押し上げる

流入に関する続くポジティブなニュースにもかかわらず、一部の投資家は明確なトレンドの欠如に不安を感じているようです。

アメリカ政府からBTCをスポット取引所として提供する許可を受ける1社以上が最終的に認可されるという期待によって生まれたポジティブなセンチメントは、プロセスが進行するにつれて薄れているようです。

また、バイナンスとコインベースに対する証券取引委員会の訴訟が続いており、どのように裁判所が判断するかについて明確な兆候はありません。