「ビットコインの急騰はすぐに売られる傾向にある – 何が起こっているのか?」

ビットコインの急騰は売られる傾向に - 何が起こっているのか?

今年の始まりに急速な上昇があり、価格がほぼ倍増した後、ビットコイン(BTC)は過去数か月間、非常に狭いレンジで取引されており、持続的な期間にわたって3万ドルを超えることができずに苦戦しています。

4月以降の価格動向、特に6月中旬以降の価格動向を見ると、ビットコインが3万ドルを超えるブレイクアウトを試みるたびに、急激な反転が目立っています。最も劇的な出来事は、7月13日に起きました。その日、仮想通貨が米国証券取引委員会(SEC)との訴訟でXRPに有利な判決が下り、ビットコインは一年ぶりの高値である31,800ドルを超えました。しかし数時間後には、31,000ドルだけでなく、30,000ドルの水準も放棄し、数日以内に29,000ドルを下回りました。

最新の例は今週起きました。火曜日に価格が一日中上昇し、午後遅くに30,100ドルを超えました。その後、ラリーに関するニュースが公開される前に、ビットコインは1%以上下落し、約29,700ドルに戻りました。最新の価格は29,400ドルです。

確かに、過去数か月のビットコインの下落も一時的なものであり、価格が29,000ドルを下回るたびに迅速に回復しています。

規制の明確化を待っています

市場の参加者の多くは、SECが近々スポットビットコインETFを許可するかどうかの明確な情報を待っているため、ラリーが続かないという理由が指摘されています。

マーケットメーカーのGSRでデリバティブトレーダーを務めるスペンサー・ハラーン氏は、「市場は新たな基本情報を待って停滞しています」と述べています。ハラーン氏によれば、SECが最近のスポットビットコインETFの申請について判断を下すまで、市場はバランスが取れたままでしょう。

SECから待たれているこの重要なニュースは、大手金融機関のブラックロックが6月中旬にビットコインスポットETFの申請を行った後に起こりました。これにより、他の伝統的な資産運用会社も続いて申請を行いました(または以前に否認された申請を再提出しました)。

マイナーは売り手

ファンドストラットの暗号通貨ストラテジーヘッドであるショーン・ファレル氏によれば、モメンタムの不足の理由の一つは、マイナーがビットコインのハーフィングの前に利益を上げていることかもしれません。いわゆるハーフィングとは、ブロック報酬が現在の6.25から3.125ビットコインに半減することで、2024年4月16日に予定されています。ファレル氏は、「このカテゴリの人々が大規模な上昇相場の後に利益を上げ、平坦な価格パフォーマンスが続くと投げやりになっていることが明らかです」と述べています。

市場での新規小売参加の持続的な不足も、ラリーの追加的な要因かもしれません。ファレル氏は、「良いニュースは、このパターンが前のバブル相場の初期部分を象徴していることです」と述べています。「ポジティブなETFニュースがあれば、我々はこの横ばいの展開から抜け出すことができるでしょう」とも述べています。

大きな動きを起こすための準備

ハラーン氏は、「市場は過去1か月以上にわたって非常に狭い範囲にとどまっており、そのためオプションのオープンインタレストも同じ領域に集中し、範囲の外になるまでボラティリティが抑制されている」と述べています。彼によれば、ボラティリティは範囲外になり、「この効果によって制約されなくなるまでミュートされる」とのことです。

クリストファー・ニューハウス氏、独立した暗号通貨デリバティブトレーダーも同様に、スポットだけでなくデリバティブフローでも、局地的な高値周辺で強い抵抗が見られたと述べています。「カーブの前半部分での小さな上昇もすぐに売りに押されます。スポット価格の上昇だけでなく、ボラティリティもすぐに消えてしまいます」とニューハウス氏は述べています。

ハラーン氏の考えを反映して、ニューハウス氏は、最も意味のあるカタリストの一つがスポットETFに焦点を当てたものであり、その後の遅延や承認です。ニューハウス氏は、8月/9月のボラティリティをショートし、さらに日付の後のオプションをロングする機会になるかもしれない、と述べています。

スティーブン・アルファーによる編集。