ビットコインの取引高が5年ぶりの低水準を記録、米連邦準備制度理事会によるBTCの保有促進が影響

ビットコインの取引高が5年ぶりの低水準を記録、米連邦準備制度理事会のBTC保有促進が影響

ビットコイン(BTC)の取引所では、トレーダーが持続的なマクロ経済の不確実性に対処するために取引量が激減しています。

9月25日に公開されたオンチェーンの分析プラットフォームCryptoQuantの最新の調査によると、日々のBTCの取引量は2018年以来めったに見られないほど低い水準になっています。

FRBがビットコイン投資家を「可能性のある不況」に警戒させる

ビットコインの価格は数ヶ月間同じ範囲内にとどまり、時間が経つにつれて取引への関心が薄れているようです。

CryptoQuantのデータによると、BTC/USDが現在の範囲に入って以来、取引量がどれだけ減少しているかが明らかになりました。

先週、スポット取引所とデリバティブ取引所の両方の活動を追跡するCryptoQuantのデータによれば、1日のスポット取引量は8000〜15000件であり、標準的な3月の日々の取引数である60万件を下回るものです。

寄与するアナリストのカウ・オリベイラによれば、この現象の主な要因の一つはマクロ経済状況です。

「主な理由の一つは、マクロ経済シナリオに対する不安感の増大です」と彼はデータに添えてコメントしています。

「米国中央銀行の行動は不確実性の感覚を絶えず維持しており、投資家は可能な不況を待ち続けています」

オリベイラは、米国の現行の経済政策を参照し、連邦準備制度理事会(FRB)が2023年に利上げと中断を繰り返しながら総じて締め続けていることを指摘しました。

彼はさらに、ビットコインのホルダーたちはその結果としてBTCの保有を続けることを選んだと述べました。

「短期のトレードで急速な利益を追求する代わりに、ビットコインや他の仮想通貨を長期的な投資と見なす人がますます増えています」と彼は結論づけています。

「彼らは将来の価値を信じてコインを保有することに関心を持っており、利益の最初の兆候で売却することには興味がありません」

Bitcoin: Trading Volume (Spot vs. Derivative) chart. Source: CryptoQuant

BTC価格ブルにとっての少ない材料

Cointelegraphによると、最近の数週間でビットコインのスペキュレーターにとって厳しい時期となっています。

関連記事:米ドルの強さが10か月ぶりの高値に達する中、ビットコイン価格が26000ドルを争う

短期保有者(最長155日間BTCを保有するエンティティ)は、現在のスポット価格よりもコストベースが高く、ほぼ全ての資金が未実現の損失となっています。

今週のさらなる調査では、CryptoQuantの共同寄稿者であるYonsei_dent氏は、さまざまなビットコイン新参者のコストベースが「強力な抵抗線」となると結論づけました。

「1.5年以上(12ヶ月)+ HODLersから長期的に保有している投資家を除くと、過去1年間に市場に参入した投資家は短期的な売買傾向が強いと考えられます」と彼は警告しています。

併せて示されたチャートは、年齢層で分割された未使用のトランザクション出力(UTXO)の数を示し、抵抗線とサポートレベルを形成しています。

Bitcoin UTXO age bands annotated chart (screenshot). Source: CryptoQuant

一方、BTCへの外部の関心も明らかに不在のままです。Google Trendsのデータによると、「Bitcoin」という検索用語への関心は2020年10月以来最低水準です。