ライトニングネットワークによるビットコイン入金がバイナンスで利用可能になりました

ビットコインの入金がバイナンスで利用可能になりました

アナウンスによると、ビットコイン(BTC)の保有者は、ライトニングネットワークを使用して暗号通貨取引所Binanceに資産を預けることができるようになりました。

Binanceは、先月、ライトニングネットワークノードを設定したと発表した後、統合を完了しました。

ライトニングを介したビットコインの預金は、メインブロックチェーンよりも高速かつ安価です。ライトニングの基本手数料は0.04ドルであり、一方、通常のビットコインの預金は5月に最大30ドルまで上昇したとychartsによると。取引も1分以内に決済され、通常のビットコイン取引では1回の確認に約10分かかります。

ライトニングネットワークは、「ビットコインの第2層」とも呼ばれ、2016年にトランザクションの処理時間を短縮し、ネットワークの混雑を解消するために設計されました。1mlのデータによると、ネットワークの容量は1億4700万ドルで、支払いチャネルは69,395あります。

Binanceは、BitfinexやKrakenといった取引所に続き、ライトニングネットワークの預金を提供しています。また、Coinbase(COIN)のCEOであるBrian Armstrongは最近、将来的に自身の取引所でもスケーリングソリューションを統合すると示唆しています。

編集:Bradley Keoun