ビットコインの記録的な低ボラティリティと短期ホルダーの減少は、バルマーケットのシグナルなのでしょうか?

ビットコインの低ボラティリティと短期ホルダーの減少は、バルマーケットのシグナルか?

Glassnode Insightsの最新レポート、「The Week On-Chain」によると、Bitcoin(BTC)のボラティリティは歴史的に低いレベルに達していると強調されています。これにより、資産のボリンジャーバンドの間の差がわずか2.9%になり、非常に狭い取引レンジを示しています。

この状況は、Bitcoinの歴史で2回しか観察されていません。2016年9月にBTCが$604近くで取引された時と、2023年1月に資産が$16,800の安定した価値を維持していた時です。

レポートでは、ボラティリティの低下期間と投資家の疲労により、コインの移動が現在の価格に近いコストに基づいて行われると指摘しています。これは、トレーダーが出口でわずかな利益または損失を出している可能性を示しています。レポートは、新しい価格帯を確立することが、新たな支出を刺激するために必要であり、予想されるボラティリティの増加に寄与する可能性があると結論付けています。

Bitcoinの低ボラティリティは広範な市場の反映ですか?

過去3週間にわたってBitcoinが取引されている制約された範囲、具体的には$29,050から$29,775は非典型的であり、高度な数学的分析は必要ありません。これにより、年間化された30日ボラティリティは17%という非常に低い水準になっています。重要な質問は、このトレンドが暗号通貨に限定されたものなのか、株式、原油、債券、通貨を含む伝統的な市場でも観察される現象なのかです。

S&P 500(青)、WTI(緑)、DXY(オレンジ)、10年国債(紫)の30日ボラティリティ。出典:TradingView

S&P 500と原油価格(WTI)の30日ボラティリティが現在、2021年11月以来の最低レベルにあることに注意してください。興味深いことに、DXY指数はこのトレンドに従わず、指標は2023年5月の6%から8%に上昇しました。さらに、10年国債の利回りも最近、約10%の18か月ぶりの低水準から現在の16%に上昇しました。これらのトレンドは、Bitcoinのボラティリティの低下に影響を与えた可能性があります。

Glassnodeによると、$25,000から$31,000の間に、短期ホルダーの価格分布が重要な集中があります。このパターンは、過去のベアマーケットの回復期間と似ています。しかし、データはこれらの投資家の多くがまだ損失を抱えたままのポジションを保持していることを示しており、短期的な売り圧力を生み出しています。

エンティティ調整済み未使用BTC実現価格分布。出典:Glassnode

さらに、この分析会社は、短期ホルダーの供給が2.56百万BTCの数年ぶりの低水準に減少していることを強調しています。一方、長期ホルダーが保持している供給は、レポートで言及されている通り、史上最高の14.6百万BTCに達しています。

Bitcoin長期ホルダーと短期ホルダーのしきい値。出典:Glassnode

比較的楽観的なシナリオを仮定すると、$47,000以上で長期投資家が保有する1.77百万BTCのうち、わずか10%がBitcoinが$40,000を超える前にポジションを変更する場合、現在のマイニングの生産量について約6か月半分に相当します。これは、短期ホルダーが少なくなっているという事実を超えて、世界的な経済的な不況がBitcoinの価格に与える潜在的な影響を無視することの重要性を示しています。

この仮説は、Glassnodeの「長期的な確信を持つホルダーによるポジションの増加」のアイデアを否定するものではありません。ただし、歴史的なデータでは、米国の10年国債利回りが16年ぶりの最高水準に近づいていることや、米国の30年固定平均住宅ローン金利が7%の水準に迫っていることは考慮されていません。

現在のトレンドにもかかわらず、長期保有者は不利な経済状況の訪れによって感情や行動を変える可能性があります。

株式市場の高い収益は投資家を引きつけ、可能なボラティリティをもたらしますが、政府や企業の借り入れコストの上昇は予算や収益性に負担をかけるかもしれません。同時に、住宅ローンの支払い能力への影響により不動産市場が鈍化する可能性もあります。こうした状況は中央銀行が経済活動を支援するために財政政策を実施することを必然的にするでしょう。その結果、しばしばインフレ圧力が上昇することとなります。

ビットコインが500億ドルの資産クラスとしての地位を獲得したのはわずか6年前のことであり、一部の伝統的な市場が直面するストレスに対する保有者の反応がどのようになるかは不確かです。これは、S&P 500、石油、およびビットコイン市場の歴史的に低いボラティリティと矛盾しています。

これが問われることになるのですが、この静けさは混乱の時期の前兆であり、ビットコインはインフレのエスカレーションに対するヘッジとして機能するでしょうか?答えは時間が示してくれるでしょう。