「ビットコインのマイニングは自由の行為である」

ビットコインのマイニングは自由である

ビットコインマイニングは、単にブロックのパッシブな検証やビットコインの報酬を得る手段以上のものです。それは政治哲学者ハンナ・アーレントが「vita activa」と呼ぶ「積極的な行為」です。それは自由の行為であり、人々を自由にするものでもあります。

もし過度に哲学的に聞こえるなら、アーレントは実践的な視点で物事を見ていました。アーレントによれば、人間は政治的に関与し、公共の領域に立ち入り、共同体の決定に参加するときに最も充実しています。同様に、ビットコインマイナーは単なる参加者ではなく、ネットワークへの積極的な貢献者であり、彼らの行う作業はエコシステムの現在と未来を形作っています。

この記事は CoinDeskの2023年マイニングウィーク、Foundryのスポンサー企業によって提供されています。Burak TamaçはCryptoQuantの研究者であり、ブルックデールコミュニティカレッジの非常勤教授であり、いくつかの仮想通貨プロジェクトのアドバイザーでもあります。

ある意味で、自分自身よりも大きな何かに取り組んだり貢献したりすることは、自由になることです。ビットコインネットワークは存在主義的な懸念に結びついているわけではありませんが、一部のビットコインマイナーには貢献するという強力な動機があります。”ビットコインは人間の解放のための道具であり、私ができる最も素晴らしいことの一つはネットワークをサポートすることだ”というような発言を聞くことは珍しくありません。

参照: ビットコインの自由とは何か? | Burak Tamaç

自由に関連してマイニングの意義を理解するためには、自由の意味について詳しく見てみる必要があります。具体的には、イザイア・ベルリンのネガティブリバティとポジティブリバティの二重解釈を見てみることが重要です。

ネガティブリバティは、政治科学者がリベラリズムと呼ぶもので、個々人が政府や他の人々からの介入から自由であることを強調しています。この種の自由は、外部の制約(物理的またはその他の制約)なしに自分の道を切り開くことができるようにします。

一方、ポジティブリバティは行動を必要とします。ただ何かをする可能性だけではなく、それを実行する行為そのものです。それは積極的な参加と自己の可能性を実現する自由です(ベルリンの「自由の二つの概念」という基本的なエッセイを参照)。

ただし、ベルリンが見逃したものは、第三の自由です。哲学的な文脈では共和主義またはネオローマンの自由と呼ばれるもので、人々は服従や他人の任意の意志に対する脆弱性から解放されて自由に生きるべきだという理解です。これは特に支配されないことや他人と共存することのアイデアを強調しており、メアリー・ウォルストンクラフトらによって提唱され、ケンブリッジの歴史家クエンティン・スキナーによって普及されました。

この理論の実践上の意味は、私たちが自分たちに影響を与える決定に声を持っている限り、「介入」は私たちをより自由にするものではないということです。実際、多くの場合、私たちが同意し承認した介入は自由を向上させることができます。

ビットコインの文脈において、マイニングはこのポジティブな自由を具現化しています。マイナーは単なる傍観者ではなく、積極的な検証者です。彼らは分散型システムをチェックし続けます。彼らはトランザクションが本物であることを確認し、その過程でネットワーク全体の完全性を検証します。支配者を責任に追い込むために政治的プロセスに積極的に参加する市民のように、マイナーはビットコインネットワーク内の権力のバランスを維持する重要な役割を果たしています。

さらに、ビットコインマイニングは許可制ではなく、参加の敷居が低いため、適切なツールを持っていれば誰でも分散型ネットワークに参加することができます。それはエリートや大きな資本を持つ者に限定されているわけではなく、個々人の貢献が重要であり、集団的な参加がシステムを強化する領域です。つまり、ビットコインは民主的なのです。

参照: なぜビットコインには哲学が必要なのか | 見解

ビットコインマイニングは、時に過度に集中していると批判されることがあります。しかし、最大のマイナーの多くは公共の実体であることに注意することが重要です。理想的な状況は、個々のマイナーが自由市場で競争し、ノートパソコンからビットコインをマイニングすることですが、これは企業や国家からの攻撃に対して自己防衛するためには経済的に実現不可能です。多くの利害関係が絡んでおり、ビットコインが生き残るのであれば、真剣なリソースをそれに投入する必要があります。

この場合、上場されているビットコインマイナーやマイニングプールなどのコミュニティ所有の形態が次に良い選択肢です。このような取り決めでは、単一の所有権と意思決定が理事会に分散され、権力と意思決定が分散されます。また、ビットコインをマイニングすることは責任を持ち、政治的プロセスに参加する方法でもあります。

要するに、ビットコインマイニングはポジティブな自由の深遠な実践です。参加する能力だけでなく、参加する行為そのものです。すべてのマイナーは政治的行為者であり、分散化とビットコインの自由のエソスを形作り維持しています。言い換えれば、それはvita activaです。