ビットコインのマイニングは、世界の排出量を最大8%削減するのに役立つことが報告されています

ビットコインのマイニングは、排出量を最大8%削減すると報告されています

リスク管理研究所(IRM)が発表した論文によれば、ビットコイン(BTC)は世界的なエネルギー転換の触媒となる可能性があると結論付けています。

IRMのエネルギー・再生可能エネルギー部門のメンバーであるディラン・キャンベルとアレクサンダー・ラーセンは、「ビットコインとエネルギー転換:リスクから機会へ」という報告書を発表しました。この論文では、BTCがエネルギー消費のためにリスクと見なされている一方で、エネルギー転換を促進し、世界のエネルギー課題に対する新たな解決策を示すこともできると論じています。

報告書では、著者たちはエネルギーの重要な機能と信頼性のある、クリーンでより手頃なエネルギー源の需要の増加にも言及しています。ビットコインのエネルギー密度に対する批判にもかかわらず、この研究はビットコインがエネルギー産業にもたらす可能性のある利益を示すことで、よりバランスの取れた視点を提供しています。

ビットコインマイニングに使用できる排出されたメタンの量。出典:IRM

報告書によれば、ビットコインマイニングによって2030年までに世界の排出量を最大8%削減することができます。これは、世界中の無駄なメタン排出物をより有害ではない排出物に変換することによって実現できます。報告書は、捕集されたメタンをビットコインマイニングの動力源として使用することで大気中に排出されるメタンの量を減らすことができるという理論的なケースを引用しています。

関連記事: ビットコインのエネルギー転換は「ほとんどの産業が主張できない」ことを実現した – ブルームバーグのアナリスト

この論文では、ビットコインがエネルギーセクターに貢献する他の機会も示されています。報告書によれば、ビットコインはビットコインマイナーや温室への熱の転送による電力グリッド管理を通じてエネルギー効率を向上させることができます。

著者は「ビットコインは電力を消費するものであることから、二酸化炭素や他の大気汚染物質の高い排出量を意味するわけではないことを示しました。ビットコインは、よりクリーンでエネルギー豊かな未来への触媒となり得るのです」と述べています。

関連記事: ボラティリティの高い市場での暗号通貨の保護方法:ビットコインのオリジナルグループと専門家の意見