ビットコインのマイナーが再び売り出し、価格が再び暴落するのか?

ビットコインのマイナーが再び売り出し、価格が暴落するか?

オンチェーンのデータによると、ビットコインのマイナーたちは最近再び売却に参加している可能性があり、これは資産の価値の下落につながる可能性があります。

ビットコインマイナーリザーブは過去2週間で減少しています

CryptoQuantの記事でアナリストが指摘しているように、BTCマイナーリザーブは最近流出が観察されています。ここで言及されている「マイナーリザーブ」とは、マイナー全体が現在ウォレットに保持しているビットコインの総量を指します。

この指標の値が上昇すると、チェーンのバリデーターが現在コインを自分のアドレスに移動させていることを意味します。このようなトレンドはマイナーが蓄積していることを示す可能性があり、その結果、資産の価格に対して好意的な影響を与える可能性があります。

一方、指標の下降は、マイナーが現在ビットコインをウォレットから引き出していることを示しています。一般的に、これらの投資家は売却に関連する目的でリザーブからコインを引き出すため、このようなトレンドは仮想通貨の価値に対してベアリッシュな影響を与える可能性があります。

現在の議論の文脈では、マイナーリザーブ自体ではなく、「変動率」(ROC)が重要です。この指標は、特定期間におけるマイナーリザーブのパーセンテージ変化を追跡します。ここでは、関連する期間は14日です。

以下は、過去数ヶ月間のビットコインマイナーリザーブの14日間ROCのトレンドを示すチャートです:

上記のグラフによると、マイナーリザーブの14日間ROCは先月、ビットコインが30,000ドルを上回った時に緑色になっていました。この指標の正の値は、マイナーリザーブが急速に増加していたことを意味します。

これらの正のROC値のタイミングは、マイナーからの蓄積が仮想通貨の価格の上昇を支えた可能性を示唆しています。

しかし、今月の初めには、この指標がマイナスに転じ、マイナーリザーブが減少し始めたことを意味しています。その後もマイナーはコインをウォレットから引き出し続けており、指標の値は赤色のままです。

ビットコインの価格はこの期間に苦戦しており、大きな動きを見せることができていません。マイナーからの売却(もし引き出しが実際に売却のために行われているのであれば)が、過去数週間における資産の停滞の要因の一つかもしれません。

マイナーリザーブの14日間ROCが最近も赤色のままであることから、これらのチェーンバリデーターが売却を続けている可能性があります。

現時点では、価格は30,000ドルを下回らずに推移しており、市場にはマイナーからの売却を吸収する十分な需要がある可能性があります。ただし、マイナーが近い将来も売却を続ける場合、資産は下落し価格は減少する可能性があります。

BTC価格

執筆時点では、ビットコインの取引価格は約30,000ドルで、過去1週間で1%下落しています。

BTCは最近横ばいの動きをしています | 出典: TradingViewのBTCUSD