ビットコインと仮想通貨は、株式市場が最近の上昇を拡大することを見越して、さらなる上昇を見込んでいます

ビットコインと仮想通貨は、株式市場の上昇を受けてさらに上昇が予測されています

2023年には、多くの人々が期待していた景気後退と2022年のベア市場再開がまだ実現していません。実際、ほとんどの資産は上昇し、NASDAQは7月12日に52週間の高値を記録しました。

これはどういうことであり、今後の上昇相場は続くのでしょうか?

ビッグ・ショートで知られるマイケル・バリーは、2023年初めに米国が2023年末までに景気後退になる可能性があり、CPIが低下し、連邦準備制度理事会が金利を引き下げると述べました(今日のCPIの発表は予想よりもはるかに低かったため、最近の上昇相場をさらに後押ししています)。彼の見解では、これにより再びインフレが上昇する可能性があります。

最近、独立したマクロおよび暗号アナリストのリン・アルデンが、今月発行されたニュースレターでこのトピックを探求しました。

報告書では、アルデンは現在のインフレ環境を、類似しているが異なる2つの時期、すなわち1940年代と1970年代と対比して分析しています。これにより、アルデンは米国経済が停滞スピードに入るか、軽度の景気後退を経験しながら持続的なインフレの程度を経験する可能性が高いと結論付けています。これは、公式の景気後退が訪れるまで市場が引き続き上昇トレンドを続けることを意味するかもしれません。

私の2023年7月のニュースレターが発行されました:https://t.co/gTH0nUyrU8今回のトピックは、財政優位性に焦点を当てており、大きな債務と赤字が政策ツールとしての高金利の影響を弱める可能性について説明しています。 pic.twitter.com/qmuzInyYjK

— Lyn Alden (@LynAldenContact) July 2, 2023

連邦準備制度のインフレ対策は続く

これらの2つの時期の重要な違いは、急速な銀行融資と大規模な財政赤字による貨幣化で、アルデンはこれらがインフレを推進している根本的な要因であると示唆しています。前者は1970年代に起こり、ベビーブーマーが家を買い始めた時期であり、後者は第二次世界大戦中に戦争努力の資金調達の結果として発生しました。

2020年代は1970年代よりも1940年代に似ていますが、連邦準備制度は1970年代の通貨政策の手引きを実施しています。これはかなり不適切なことになるかもしれません。アルデンは次のように説明しています:

「連邦準備制度が金利を引き上げると、連邦の利子負担が増加し、連邦赤字が増えます。これは、赤字が最初のインフレの主な原因であるタイミングで、水でキッチンの油火を消そうとするのと同じで、直感的には理にかなっているものの期待どおりには機能しません。」

つまり、現在のインフレは、新たな連邦債務の創出によって主に引き起こされている、あるいは一部の人々が政府の紙幣印刷と呼ぶものです。

インフレを抑えるために金利を引き上げることは可能ですが、それは主に銀行の融資拡大に起因するインフレに対して有効です。より高い金利は、借入をより高価にし、したがって民間セクターにおける貸付創出を減らすことによって、そのようなインフレを抑制しますが、それによって債務利息額が増加し、財政赤字が悪化します。現在の連邦債務はGDPの100%以上であり、1970年代のわずか30%と比較しています。

Federal government interest payment expenditures vs. Federal Funds Effective Rate. Source: Lyn Alden

連邦準備制度は、わずか1年以上で基準金利を500ベーシスポイント引き上げることで経済の一部を冷却しましたが、現在のインフレ環境の根本的な原因は未解決のままです。そして、50年前の米国よりもはるかに高い債務対GDP比率により、状況はより速いペースで悪化しています。しかし、市場は強靭なままであり、テック株や暗号通貨を含むものもありますが、その相関関係は崩れています。

このように、連邦準備制度は状況に適さないツールを使用しているかもしれませんが、少なくとも現時点では市場を止めることはありませんでした。

ビッグテックは景気後退の予測に反して株式を推進

インフレと市場参加者の景気後退の避けられない予測にもかかわらず、2023年上半期は株式にとってかなり好調であり、その上昇相場は7月にも広がっています。債券は再び売られ、利回りは2022年の高値に近づいていますが、テック株などのリスク資産は急騰しています。

重要なことは、この上昇は主にNvidia、Apple、Amazon、Googleなどの7つの株式によってリードされているということです。これらの株式はNASDAQの重みに比例しています:

NASDAQ 100の55%とS&P 500の27%をわずか7つの株式が占めています。この分布は非常に偏っているため、NASDAQはこれらのメガキャップ株に対して重みを少なくするために再調整されます。出典:@GoldmanSachs pic.twitter.com/k1xM1wmL2S

— Markets & Mayhem (@Mayhem4Markets) July 13, 2023

関連記事:2023年において、ビットコインマイニングの株式はBTCを上回るが、オンチェーンデータは潜在的な停滞を示唆

債券下落、仮想通貨とテクノロジー上昇

AIによるハイプと少数のメガキャップ株によるテックセクターの上昇は、債券市場の流動性の緩和からも追い風を受けています。

Aldenは、これが昨年末から始まったことを指摘しています:

「しかし、2022年第4四半期の始まりに何かが変わり始めました。米国財務省は市場に流動性を戻し、FRB(連邦準備制度理事会)の量的緊縮策を相殺し、ドル指数が下落しました。S&P 500は底を打ち、安定し始めました。主権債券市場の流動性が緩和されました。ビットコインなどの流動性駆動型資産は再び回復しました」

Pantera Capitalの7月11日のレポートも同様の観察をしており、実質金利も1970年代とは異なる物語を語っていると指摘しています。

レポートによると、「伝統的な市場は苦戦する可能性があり、ブロックチェーンは安全な避難所になるかもしれません」とのことで、「FRBは引き続き利上げをする必要があります」と述べています。実際の金利は-0.35%のままです。彼らはまた、これによって「債券にはまだ大量のリスクがある」と結論づけています。

彼らはまた、他のほとんどの資産クラスが金利に敏感であるのに対し、仮想通貨はそうではないことに注目しています。ビットコインの2022年の株式との相関関係は、「過剰なレバレッジをかけた集中型エンティティの崩壊」によって生じました。現在、その相関関係はほぼゼロに達しています:

Bitcoin correlation with S&P 500. Source: Pantera Capital

ここでの主なポイントは、リスク資産が当面の間に需要があるようです。ただし、このトレンドは年末までに簡単に反転する可能性があります。

Pantera CapitalのDan Moreheadは、以下のように述べています:

「35年間の市場サイクルを取引してきたが、市場はあまりにも長い間下落することはありません。投資家が耐えられる痛みには限界があります… TerraLUNA/SBFなどから1年間が経ちました。十分な時間が経ちました。私たちは今、反発することができます」

Bitcoin price trend and Y-o-Y returns. Source: Pantera Capital

ハーフニングが目前に迫り、スポットビットコインETFの見通しがあることから、仮想通貨のカタリストはほとんどあらゆる状況でブレイクアウトする準備が整っているようです。