マイクロストラテジーは、極端な価格の修正時にのみビットコインを売却する必要があるとバーンスタインは述べています

バーンスタイン氏は、マイクロストラテジーがビットコインを売却すべきなのは、極端な価格修正時のみだと述べています

ブローカーのバーンスタインは、MicroStrategy(MSTR)の長期債務調達計画により、同社はビットコイン(BTC)保有を処分せざるを得なくなる可能性があるが、それは特に債務の満期である2025年中に価格が極端に下落した場合に限られると、火曜日の報告書で述べています。

報告書によると、ビットコイン価格が上昇すれば、MicroStrategyはより強力なバランスシート、高い株価、および暗号通貨保有物の売却が必要なくなるため、債務の返済が容易となります。さらに、強いビットコイン価格と高い株価により、同社は新たな債務または株式を調達し、既存の転換社債を償還することができると述べています。

逆に、ビットコインが暴落し「絶対的に低価格に達し」、2025年6月以降の債務と特定の契約条件をカバーできない場合、報告書は「企業構造は‘spring forward’条項によって圧力を受ける可能性があります – 2028年の債務には流動性契約があり、債務を2025/26年に前倒しする可能性があります」と追加しています。

「ビットコインのボラティリティを考慮すると、債務を戦略として使用することは常に危険であり、一時的な強制清算を完全に排除することはできません」と、Gautam Chhugani率いるアナリストが書いています。

報告書によると、MicroStrategyは約152,000ビットコインを保有しており、約45億ドルの総原価ベースと、平均価格約29,600ドルを持っています。アナリストは、MicroStrategyの暗号通貨資産の時価総額は、ビットコイン供給量の約0.78%を占め、平均デイリーBTC取引量の約20%を占めると述べています。

報告書はまた、ビットコイン資産の市場価値がMicroStrategyの時価総額の95%を占め、BTCを購入するために調達した債務の差引額は同社の時価総額の約49%に相当するとも付け加えています。

投資銀行のベレンベルクは、MicroStrategyの株価とビットコイン保有の価値が意義ある程度上昇すれば、同社の債務満期の再融資能力が大幅に向上するだろうと、月曜日の報告書で述べています。

詳細はこちら:マイケル・セイラーのMicroStrategyはビットコインの次のハーフニングから大きな利益を上げることができる:ベレンベルク

編集:パリクシット・ミシュラ