「 JPモルガンのオニキスブロックチェーンを利用して、バーレーンのバンクABCが国境を越えた支払いを行っています」

バーレーンのバンクABCはJPモルガンのオニキスブロックチェーンを利用して、国境を越えた支払いを行っています

バーレーン拠点のBank ABCは、JPMorganのOnyx Coin Systemsを使ってブロックチェーンベースのクロスボーダー決済をソフト(または限定)な立ち上げで行います。この新しいサービスは、従来のソリューションに比べてよりコスト効果が高く、決済時間も短縮されます。

Bank ABCは最初にバーレーン、アメリカ、イギリス、シンガポール、香港を含むトランザクションで米ドルを使用します。パートナー企業はさらにユーロを含む場所やトランザクションを計画しています。プログラマブルな支払いも進行中です。

このサービスは、2年間の実験の後に立ち上げられました。Onyx Coin SystemsのグローバルヘッドであるNaveen Mallelaは、次のように述べています。

「これにより、バーレーンと米国の回廊間でクロスボーダーの商業取引がインスタントに、アトミックに、そして確実に実行できるようになります。」

この新しいサービスは、バーレーン中央銀行(CBB)との緊密な協力のもとで開発されました。CBBは2022年1月に行われた試験を監督し、JPM Coinを使用してアルミニウムバーレーンと米国の取引先間の支払いをBank ABCを介して決済しました。

関連記事: JPMorgan、商業銀行のブロックチェーンにおいてステーブルコインより預金トークンの利点を見出す

Bank ABCは、声明によれば、中東でJPMorganのブロックチェーンサービスとの最初のパートナーシップを結んでいます。今年早くも、Onyxは6つのインドの銀行と提携し、USDの決済を提供するパイロットプロジェクトを立ち上げました。また、ドイツのシーメンスの複合企業ともユーロでの決済に協力しました。JPM Coinは2020年に発売されました。

バーレーンのABC BankがJPモルガンのブロックチェーン決済レールを導入します!2年間の試験の後です! #payments #blockchain #Onyxblockhain #JPMorgan #payments #banking #bahrain #digitalpayments #GCC #MENA #abcbank @ABCBankGroup @CBB_News @jpmorgan https://t.co/3svnrtFJM4 pic.twitter.com/9LixnA3X1v

— lara Abdul Malak laraontheBlock (@larissa74leb) September 26, 2023

バーレーンは近年、金融システムの近代化を進めています。2022年3月にバイナンスはバーレーンでライセンスを取得し、数日前にドバイを抜いて湾岸アラブ諸国協力評議会の最初の加盟国として国際的な暗号通貨取引所にライセンスを与えました。バイナンスはEazyPayと提携してバーレーンで小売支払いサービスを提供していますが、そのサービスがまだ利用可能かは不明です。

マガジン:暗号通貨の税金に関する最良と最悪の国々 – さらに暗号通貨の税金のコツも紹介