「バイナンスCEO CZ、謎の会社CommEXとの関係を否定」

バイナンスCEO CZ、CommEXとの関係否定

Changpeng Zhao(CZ)氏は、CommEXという会社のオーナーである可能性についての主張を否定しました。この謎の会社の所有権については引き続き疑念が持たれています。CZ氏は、この謎の会社の所有権に関する憶測が高まる中、木曜日に免責声明を発表しました。

先週、CZ氏はBinanceがロシアを離れると発表しました。この発表では、アメリカ司法省による同社の調査が進行中であり、制裁に違反する可能性があるとされているため、この決定を下したと述べています。

一方、同じ日に、CommEXがBinanceのロシア事業を買収したと報じられました。

しかし、多くの人々を驚かせたことに、CommEXにはほとんどまたはまったく経済活動の履歴がありません。実際、この会社はわずか数日前に設立されたようであり、さらに、Binanceと非常に類似しているように見えます。

しかし、CZ氏は、CommEXとの関係についてのすべての憶測を終わらせるために、X(以前のTwitter)で声明を発表し、自身がそのような関連性を持っていないことを明言しました。彼の声明は一部以下の通りです:

「私は彼らのUBO(最終的な利益所有者)ではなく、そこで株式を所有していません。」

一方、CZ氏は、CommEXの採用パターンから生じる可能性のある噂をさらに払拭しようとしました。彼は、既に同社に多くの元Binanceの従業員が加入していることを示唆しました。また、CZ氏は、今後も同地域の多くのスタッフが同様の道を辿る可能性があるとも述べています。

Changpeng Zhao氏がBinanceとCommEXの類似点を説明

Zhao氏によれば、両社の外観の類似性は移行直前に慎重に考慮されました。CZ氏は、BinanceがCommEXにBinanceと似たデザインと技術機能を持つように促したことを確認しました。ただし、これはシームレスな移行を確保するためのものであり、CEOは付け加えました。

興味深いことに、Binanceは両社の間での収益分配は存在しないことを確認しています。また、新会社からの株式の買い戻しオプションもないと主張しています。したがって、これはロシアからの「完全な」撤退を意味し、移行は数か月以内に完了する予定です。