「バイナンス・ラボは、クロスチェーンのDeFiレンダーであるRadiant Capitalに1000万ドルを投資する」

バイナンス・ラボはRadiant Capitalに1000万ドルを投資する

出典:Pixabay / Binance

暗号通貨取引所のBinanceのベンチャーキャピタル部門であるBinance Labsは、流動性とクロスチェーン資産の貸借を提供するマーケットプレイスであるRadiant Capitalに1,000万ドルを投資しました。

木曜日に発表された戦略的な資金調達ラウンドは、Radiantが新しい技術と製品開発を行い、オラクルのサポート、担保の拡大、Ethereumメインネットの展開、クロスチェーンの清算などの領域を拡大するのに役立ちます。

さらに、Radiantは、消費者がさまざまなブロックチェーン間でお金を貸し借りすることをより簡単にすることで、DeFiスペースの流動性問題に取り組むことを目指しています。同社は、いくつかのEVMチェーンに拡大し、完全なLayerZeroメッセージングをサポートすることを目指しています。

“彼らの投資は、プロトコルが新しいチェーンに拡大し、スケールを続け、エコシステムにユーティリティをもたらす上で、Radiantを新たな高みに押し上げる上で重要な役割を果たすでしょう”、Radiant Capitalの創設者であるジョージ・マカランは述べています。

この資金調達は、エコシステムで革新的なプロジェクトを支援するBinance Labの取り組みの一環であり、「チェーンに依存せず、ユーザー中心の方法で次のDeFiの時代をリードするであろう」と発表されています。

Radiantは、これらの開発により次の1億人のユーザーが分散型金融(DeFi)に参加し、恩恵を受けることを期待しています。マカランは、Binance Labsとのパートナーシップにより、RadiantのプラットフォームがBinanceの「幅広い専門知識、リソース、戦略的なサポート」を活用できると述べています。

“Radiant Capitalの使命は、シームレスで安全かつ使いやすいオムニチェーンの貸出体験を提供することです。これは、DAOが次世代のDeFiをWeb3エコシステムにオンボードする最終目標にとって重要です”

RadiantのネイティブトークンRDNTがポジティブに反応

Binance Labsとの協力の発表に続いて、RadiantのネイティブトークンであるRDNTの価格が10%上昇し、0.32ドル近くになりました。RDNTは、Radiantエコシステムのユーティリティトークンとして機能しています。

価格の変動は平均水準以下のボリュームと重なり、トークンの時価総額が上昇しています。時点でのRDNTの時価総額は89,323,715ドルであり、市場キャップとボリュームの最近の変動に対する価格の変動を考慮すると、トークンは低リスクの評価です。

トークンは、2023年3月にほぼ1か月で1.6倍に成長し、史上最高の0.49ドルの価格を達成しました。