バイナンスは、ローンチパッドでアーカム(ARKM)トークンセールを発表しました

バイナンスはアーカム(ARKM)トークンセールをローンチパッドで発表しました

バイナンス仮想通貨取引所は、アーカム(ARKM)プロジェクトを含むLaunchpad上の32回目のトークンセールを発表しました。発表によると、ARKMの総供給量の5%、約5000万ユニットがバイナンスのLaunchpadに割り当てられました。その結果、バイナンスLaunchpadの各ユーザーは、価格が約0.05ドルの場合、300,000ユニットまたは約15,000ドルまでのARKMを購入することができます。このプロジェクトは、暗号トレーダーから約250万ドルを調達することを目指しています。

アーカムバイナンストークンセールの詳細

特筆すべきことに、バイナンスLaunchpad上のアーカム(ARKM)トークンセールは、インサイダートレーディングの可能性を最小限に抑えるため、サブスクリプションベースで行われる予定です。さらに、バイナンスLaunchpad上のARKMトークンセールはBNBコインのみで行われます。ただし、主要な中央集権型取引所は、いくつかの管轄区域のユーザーをARKMトークンセールへの参加から制限しています。

バイナンスによって言及された国には、ベラルーシ、キューバ、クリミア地域、コンゴ民主共和国、イラン、ニュージーランド、北朝鮮、南スーダン、シリア、アメリカ合衆国及びその領土、ジンバブエが含まれます。

その他の国の人々は、7月11日から7月17日までの準備期間が始まるまで、早期プロジェクトへの投資のクエストを始めることができます。バイナンスLaunchpad上のARKMトークンセールの準備期間中、ユーザーのBNB残高は過去6日間の毎日のスナップショットで計算されます。過去6日間の平均日次BNB残高によって、単一のユーザーがARKMトークンセールにコミットできる最大BNBの量が決まります。

準備期間後、ユーザーは対象のユーザーに対して24時間開放されるサブスクリプションフェーズに入る必要があります。バイナンスLaunchpadを通じてARKMを早期採用したユーザーは、最終分配期間までBNB資産がロックされます。

プロジェクト活動

アーカムプロジェクトは、ブロックチェーン技術の匿名性を解消するための分散型トークン金融システムに焦点を当てており、他の理由でも仮想通貨市場の安全な採用を可能にすることを目指しています。バイナンスLaunchpadのARKMトークンセールは、スマートコントラクトを介してブロックチェーンウォレットアドレスに関する情報を匿名で取引するためのオンチェーンインテリジェンス取引所の開設と同時に行われました。

特筆すべきことに、アーカムインテルエクスチェンジのトレーダーは、コミュニティからブロックチェーンインテリジェンス情報を報酬を掲示することで要求します。

アーカムのバウンティハンターは、要求された情報を提出することで報酬を受け取ることができます。スパムアカウントを防ぐために、アーカムはすべてのバウンティハンターが少量のARKMトークンをステーキングする必要があり、提出が承認されない場合はトークンが削減されます。