「バイナンスCEO CZがステーブルコイン戦略の多様化を検討し、より小規模なアルゴリズムトークンを注目しています」

バイナンスのCEO CZは、ステーブルコイン戦略の多様化を検討し、小規模なアルゴリズムトークンに注目しています

出典:GettyImages

7月31日のTwitterの「Ask Me Anything」(AMA)セッションで、バイナンスのCEOであるチャンペン・ジャオ氏(CZ)は、投資家が既存のグローバルなステーブルコインの巨人に対する選択肢を持つために、より小さなアルゴリズムステーブルコインを市場に導入する意向を表明しました。

セッションでは、CZ氏がテザーやバイナンスUSDなどの大規模なステーブルコインに関連する懸念点を強調しました。

市場規模でトップを占めるテザーについては、透明性の欠如や監査報告書の不在に注意を喚起しました:

「個人的にはUSDTの監査報告書は見たことがありません。私が話したほとんどの人も見たことがないと思います。ですから、私たちはそれがブラックボックスであるため、実際には何もわからないのです。」

ステーブルコインに関する会話はAMA中に大きな注目を集め、CZ氏が業界の複雑さや規制上の障壁、特にニューヨークで直面している問題を明らかにしました。

CZ氏は、バイナンスUSDのようなステーブルコインは、よく規制され完全に監査されているにもかかわらず、予測不可能なリスクを伴うと指摘しました。

その解決策として、CZ氏は交換所がさまざまなステーブルコインプロジェクトと広範に協力することを強調しました。

バイナンスはリスクを複数の資産に分散させるために、ステーブルコインのパートナーシップを多様化しています。この戦略は、提供物の多様性を高め、単一のステーブルコインにのみ頼ることによる潜在的なリスクを最小限に抑えることを目的としています。

CZ氏は、「私たちは単一の賭けをするべきではない」と主張し、集中的なアプローチを避けることの重要性を強調しました。

この考え方は、包括的な監査にもかかわらずBUSDの閉鎖につながった規制上の措置によっても裏付けられました。

バイナンスは、規制や透明性に関する懸念に対処するために、アルゴリズムステーブルコインの開発に積極的に取り組んでいます。

CZ氏は、各地域のローカルな状況に合わせたアルゴリズムステーブルコインの専門チームが活動していることを明らかにしました。

さらに、彼は「リスクを伴うものはすべてある」と述べ、「多様化を図り、どれがより大きく成長するかを見極める」と説明しました。

この戦略的アプローチは、バイナンスがステーブルコインの取り組みにおいて、イノベーション、規制の遵守、リスク管理をバランス良く追求するという彼らの取り組みと一致しています。

規制上の複雑さへの対応:バイナンスの課題への戦略的アプローチ

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスは、野心的な計画を進める中で、規制上の不確実性に直面しています。

この状況は、米国商品先物取引委員会(CFTC)によるバイナンスへの規制過剰の申し立てによってさらに悪化しました。

この法的紛争に対抗するために、バイナンスのCEOであるチャンペン・ジャオ氏(CZ)と交換所の法務チームは、この訴訟を取り下げることを追求しました。

バイナンスは、ナイジェリアでの事業展開においても複雑さに直面しており、現地の規制機関であるナイジェリア証券取引委員会(SEC)が最近、バイナンスの活動を違法と宣言しました。

7月28日、SECは、ライセンスの欠如による関連リスクを強調し、バイナンスへの投資に対して警告を発しました。SECは以前、バイナンスナイジェリアの実際のバイナンスエンティティとは無関係の、6月の通達を公表しており、これは関連がありませんでした。

これに対応して、バイナンスはバイナンスナイジェリアに対して差し止め通知を発行し、自社の立場を明確にしました。

これらの課題にもかかわらず、CZ氏はバイナンスが現在、ナイジェリアでのマーケティング活動を控えていることを明確にしました。

彼はさらに、バイナンスが世界各国の政府と積極的に協力していることを強調し、規制機関との建設的な関係を育むことにバイナンスが専念していることを強調しました。